“学びたい”を刺激するメディア。

「副業するなら、カメラマン」素人でも収益をあげる方法とは?
1

「副業するなら、カメラマン」素人でも収益をあげる方法とは?

副業で収入を得ることは以前に比べて一般的になってきました。ブログやアフィリエイト、ハンドメイド品の販売など趣味と実益を兼ねた仕事を本業とは別に持ってみたいと考えている方は少なくないでしょう。そこで、選択肢のひとつとして考えていただきたいのが「カメラマン」。なんだか芸術的なセンスがいりそうだし、お金もかかるんじゃ……? そんな風に疑問を持つ方も少なくないと思います。しかし、「副業するなら、カメラマン」と自信をもって断言するのがSchooの授業シリーズ『副業するなら、カメラマンがいい』の講師を務める小椋翔先生です。自身もカメラ素人のまま写真館をオープンし、すぐに月200万円の収益を挙げられるようになったという小椋先生。元プロミュージシャンという先生の軽妙な語り口も魅力のこの授業から、すぐに役立てたいトピックをまとめて紹介します!

“家族がいるから、フリーランスがいい”ーー立派なキャリアがなくてもフリーランスとして稼ぎ続ける方法とは?
2

“家族がいるから、フリーランスがいい”ーー立派なキャリアがなくてもフリーランスとして稼ぎ続ける方法とは?

今回の授業では、「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」の著者である山田竜也先生のご経験からフリーランスとして生きるためのさまざまなノウハウを、お話をいただきました。フリーランスとしてずっと年収1000万円超えの収入を確保し続けている山田先生は、前職のつながりもなく独立した経験を持ち、苦しい時期も過ごされたと言います。ここでは、そんな山田先生のご経験から、華々しいキャリアを持たずとも、「フリーランスとして稼ぎ続ける秘訣」を紹介していきます。

“ゲームに課金している人を見て起業を志しました”ーー『人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略』著者:迫佑樹さん
3

“ゲームに課金している人を見て起業を志しました”ーー『人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略』著者:迫佑樹さん

今回の授業では、年商10億円以上を稼ぐ若手変化の時代と言われる世の中、絶対的な安定はありません。特に新型ころなウイルスの影響で将来が不安になっている方も多いのではないでしょうか。企業家、迫佑樹先生に自分でお金を稼いでいく方法を教えていただきます。「自分の力で生きていくスキル」を身に付けることができれば、先の見えない将来への不安も拭えるヒントが見つかるかもしれません。人生攻略方法を一緒に学んでいきましょう!

もう集客に悩まない「あなたから買いたい」と思わせるSNS投稿の秘訣
4

もう集客に悩まない「あなたから買いたい」と思わせるSNS投稿の秘訣

サービスや商品を売るために、今やSNSは欠かせません。とはいえ、どのように発信したらいいのか悩んでいる人は多いでしょう。ビジネスにおけるこれからのSNS投稿には「どうせ広告でしょ?」と思わせない、自分らしさや企業らしさのあふれる発信が求められます。今回は『売れ続けるネット文章講座』の著者でコピーライターのさわらぎ寛子先生に、SNS投稿でファンを増やすための秘訣を学びます。本記事では「あなたから買いたい」、「あなただから買いたい」と思わせるのに必要な、自分なりの視点をつくる方法について深堀りしていきます。

お金のプロ直伝! 副業で将来の不安を解消する「じぶん経済圏」の作り方
5

お金のプロ直伝! 副業で将来の不安を解消する「じぶん経済圏」の作り方

先行きの見えない現代、収入を会社にだけ頼っていていいのかと不安に思ったことはないでしょうか。かといって投資で損をするのは嫌だし、事業を始めるにも仲間がいない……と尻込みしてしまいますよね?そんな人におすすめのSchooの授業が「お金の不安を解消する『じぶん経済圏』のつくり方」。講師は34歳で「お金のストレスフリー」を実現し、『年収300万円でもお金の奴隷から解放されるたった1つの方法』(かんき出版)、『お金が貯まらない人の悪い習慣39』(マガジンハウス)などお金にまつわる書籍を多数出版している講演家の田口智隆先生です。先生の著書『じぶん経済圏』(みらいパブリッシング)のエッセンスが説かれた授業内容のうち、基本的な部分をこの記事では紹介します!

初心者がオンラインビジネスを成功させるための10のステップ
6

初心者がオンラインビジネスを成功させるための10のステップ

これからの時代、自分で仕事を作り出せる人が生き残る。こういった言葉を耳にし、「自分も何かしなければ」と焦る気持ちを抱いたことがある人は多いのではないでしょうか。そこで大きな壁となって立ちはだかるのが「どうやってお客さんを獲得するのか」という問題です。そんな疑問を解決する糸口を与えてくれるのがSchooの人気授業シリーズ「副業するなら、カメラマンがいい」。講師の小椋翔先生は写真館・フィットネスクラブ・飲食店・貿易会社を過去に経営し、すべて譲渡した経験を持つ“仕事を作り出す名人”。全国に約700万名以上の会員を抱えるカメラマン養成所の代表も勤める小椋先生のマーケティングテクニックは誰でも明日から実践できるヒントにあふれています。この記事ではシリーズ第4回「仕事が舞い込むマーケティングテクニック」から、小椋先生がレクチャーする「ビジネス初心者がオンラインビジネスを成功させるまでの10のステップ」に焦点を当てて授業のポイントをご紹介します!

成功しているオンラインイベント、6万人のデータからみる共通点は?
7

成功しているオンラインイベント、6万人のデータからみる共通点は?

自社の製品やサービスのファンを増やすために、あらゆるビジネスにおいて「コミュニティづくり」がキーワードとなっています。最近では、新型コロナウィルスの危機を経て、オンライン上のコミュニティイベントが盛んです。しかしオンライン上となると、集客の方法やファンの育て方はより一層ハードルが高く感じられますよね。Schooではコミュニティ・アクセラレーターの河原あずさんとPeatix Japan株式会社 共同創業者 取締役・CMOの藤田祐司さんを講師としてお招きし、『「コミュニティ」づくりの教科書』と題した連載講座をスタート!総参加者数6万人のデータからみる、オンラインイベントがうまくいった工夫などを解説していただきます。

スキルだけでは意味がない? ユーザーからの信頼を得るために必要な考え方
8

スキルだけでは意味がない? ユーザーからの信頼を得るために必要な考え方

“終身雇用”という大きな強みのもと、一社従属が最良と言われてきた働き方がいま、変わりつつあります。その変化の象徴と言えるのが「副業」であり、多くの人がもともと持っているスキルや資格を活かして副業を行なっています。では、スキルも経験もないビジネスマンに副業はできないのでしょうか。今回紹介する授業シリーズ『―副業するなら、カメラマンがいい―』の講師である、経営コンサルタント兼カメラマン育成講師・小椋翔先生は「カメラマンなら未経験な人でも副業で始められる」と断言しています。現に先生は、カメラ未経験から月200万円稼げるまでに至った経歴の持ち主。全6回のうち第5回目のテーマは「ユーザーから信頼を得るために必要な考え方」について。小椋先生の体験談や培ってきたノウハウから「信頼」について学べます。

これは必須スキル? 現代のビジネスパーソンが生き抜くための副業力
9

これは必須スキル? 現代のビジネスパーソンが生き抜くための副業力

「副業といっても、何から始めればいいかわからない」「副収入が得られるほどのスキルが自分にあるのか心配だ」「どうせやるなら自分に合った副業で稼ぎたいけど、見つからない」「副業失敗のリスクが怖い」大手企業の副業解禁や働き方改革の推進によって、副業への関心は急速に高まりつつあるものの、こうした悩みから副業をなかなか始められないビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。そんな副業について教えていただくのは、書籍『副業力』(日本実業出版社)の著者であり、株式会社MASH代表取締役の染谷昌利先生。会社員時代から様々な副業に取り組んできたという染谷先生から、これからの時代に必要な「副業力」とはなにか、現代のビジネスパーソンが副業を始める重要性、インターネットの副業の始め方について学べます。

カメラマンを副業にするために覚えておきたい、3つのポイント
10

カメラマンを副業にするために覚えておきたい、3つのポイント

一昔前まで考えられなかった「副業」を、認可する企業が増えています。カメラが趣味で、これを機にフリーのカメラマンとして活動を始めようと考えている人も多いのではないでしょうか。ただ収入を得るためには、顧客に満足してもらえるような写真テクニックが必要不可欠。本授業では、今まで800人以上のカメラマンの育成経験を持つ経営コンサルタント兼カメラマン育成講師・小椋翔先生から、写真テクニックを上げるコツや具体的な方法が学べます。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?