“学びたい”を刺激するメディア。

”SONYは倒産する。しかし、そこから復活した理由があった。”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が解説するSONYの知られざる舞台裏
1

”SONYは倒産する。しかし、そこから復活した理由があった。”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が解説するSONYの知られざる舞台裏

身の回りでよく目にする「SONY」という会社について、皆さんはどういったイメージを持つでしょうか。華々しく、いつの時代でも時代の先頭を走る巨大企業という印象を持つ方が多いと思われます。しかし、そんなSONYにも倒産の危機に面していた暗黒期が存在しました。一体なぜSONYは危機に面したのか、どのようにして復活を遂げたのか。そして、期待される今後のSONYの未来とは。「#世界最速で日経新聞を解説する男」南祐貴先生が、知られざるSONYの舞台裏について解説します。

スクー生が選ぶ「2020年ベスト授業&先生TOP5」を発表します!「お金」や「言葉」に関する授業が上位にランクイン
2

スクー生が選ぶ「2020年ベスト授業&先生TOP5」を発表します!「お金」や「言葉」に関する授業が上位にランクイン

今年一年も大変お世話になりました。皆さんはこの1年間の授業を通して何を学び何を身につけましたか? 今年から初めてSchooを使い始めた方も、昔から使っている方も、皆さん、この1年で学んだことはさまざまだったかと思います。本記事では、先ほど終了したばかりの「2020年スクー生が選ぶベスト授業から今年を振り返ろう」で発表された今年放送した数百にもおよぶ生放送授業から、受講生のみなさんに一番選ばれた授業を大公開します! 12月中の放送で実施したアンケートから、皆さんがこの一年で心に残っている授業をランキング化。人気の授業部門、人気の先生部門、そして数々の授業を担当してきた受講生代表が選ぶベスト授業をお伝えしていきます。※2020年スクー生が選ぶベスト授業から今年を振り返ろうhttps://schoo.jp/class/7532

”皆さんは貧乏ですか?新聞を読むことで自由になれます”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴先生が教える日経新聞の読み方
3

”皆さんは貧乏ですか?新聞を読むことで自由になれます”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴先生が教える日経新聞の読み方

金銭的な不安を抱え、毎月の給料だけを頼りに生活している方も少なくありません。ですが、お金・経済・政治の知識を得ることができれば、今よりも自由な暮らしが実現できます。そこで今回は、「#世界最速で日経新聞を解説する男」南祐貴先生が、様々な情報を得られる日経新聞の読み方を解説します。日経新聞の特徴や読むメリット、継続しやすい読み方のコツについて学びましょう。

「私が失敗談を語れば、みんなの100万円が浮く」“#世界最速で日経新聞を解説する男、南 祐貴(セカニチ)”が挫折から得た大きな学び
4

「私が失敗談を語れば、みんなの100万円が浮く」“#世界最速で日経新聞を解説する男、南 祐貴(セカニチ)”が挫折から得た大きな学び

将来の不安をなくすためにお金や投資について学びたい。でも、損をしてしまいそうで心配だし、どこから学んでいいかわからない……。 そんな思いを抱えている人に向けて毎月、Schooで人気授業『30歳までに知っておきたい経済の知識』で知見を発信しているのが #世界最速で日経新聞を解説する男≪セカニチ≫こと南 祐貴(みなみ・ゆうき)先生です。 毎日午前2時にInstagramのストーリーにて世界最速で日経新聞を解説し、noteやYouTube、Twitterでは株、不動産など幅広い投資知識から“選挙に行く意味”に至るまで、幅広い情報を公開。さらに高輪ゲートウェイ駅徒歩5分のゲストハウス「Koru Takanawa Gateway」の経営者としての顔も持つ南先生。3月には初の著書『世界一面白くてお金になる経済講座――知識ゼロからはじめる投資のコツ』(ダイヤモンド社)の出版も予定されています。 南先生はなぜこれほどパワフルに学び、発信し続けられるのでしょうか? また先生のように“学び続ける秘訣”とは?意外な失敗体験や、投資哲学とともに、南先生の「学びのストーリー」に迫ります。

“800万円が14億円に。GAFAM5社に日本企業2200社が束になっても勝てない”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が解説「GAFAM」が強い理由
5

“800万円が14億円に。GAFAM5社に日本企業2200社が束になっても勝てない”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が解説「GAFAM」が強い理由

近頃よくニュースや新聞で見かける「GAFAM」という言葉。言葉は知っていてもGAFAMが持つ強さを知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。コロナ禍においても急成長を続けるGAFAM・アメリカ株について、「#世界最速で日経新聞を解説する男」南祐貴先生がその理由について解説します。アメリカ株を買えば800万円が14億円に?その理由とGAFAM・アメリカ株の強さについて学んでみましょう。

“1万円が約4億円に。世界No.1の投資術とは?”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が教える世界の投資家 ウォーレン・バフェットの投資術
6

“1万円が約4億円に。世界No.1の投資術とは?”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が教える世界の投資家 ウォーレン・バフェットの投資術

あなたは世界No.1の投資家をご存知ですか?どんな人で、どのような投資術を駆使して巨万の富を築いたのでしょうか。今回は、「#世界最速で日経新聞を解説する男」南祐貴先生が世界の投資家 ウォーレン・バフェットの投資術について解説します。投資において大切な考え、投資術など、世界の投資家ウォーレン・バフェットから学びましょう。

日経平均株価は「景気のシグナル」──。基礎から学び直す経済用語
7

日経平均株価は「景気のシグナル」──。基礎から学び直す経済用語

日経平均、NYダウなど、聞いたことはあるけど、正確に説明することができない経済用語はありませんか?そこで今回は、そんな基本的な経済用語について#世界最速で日経新聞を解説する男、南 祐貴氏が解説します。※この記事は「30歳までに知っておきたい経済の知識ー日経平均?NYダウ?基礎から学び直し経済用語-」を再編集しています。

“投資は怖い?いや、しない方が怖い”ーー 「#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が教える」20代から投資をはじめた方が良い理由
8

“投資は怖い?いや、しない方が怖い”ーー 「#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴(セカニチ)が教える」20代から投資をはじめた方が良い理由

「投資」というと、怪しい、怖いという印象を持つ方が日本には非常に多いですが、はたして「投資」は日々の生活から遠いものなのでしょうか?投資によってお金を増やすためには具体的に何をしたらいいのでしょうか?ここでは特に若い方にとって、いっけん縁遠い投資について「#世界最速で日経新聞を解説する男」が、誰にでも分かりやすく解説をします。

お金は持っているだけだと価値が下がる──。投資を始めないリスク
9

お金は持っているだけだと価値が下がる──。投資を始めないリスク

みなさんは「投資」についてどんなイメージを持っていますか。「興味はあるけど、損をするかも……」と手をこまねいている人も少なくないのでは? でも、それは逆にリスクを呼んでいるのかも。投資をしないことがなぜリスクになるのか。その逆説的な考え方の根拠はなんなのか、解き明かしてみましょう。※この授業はSchoo「30歳までに知っておきたい投資の知識」の授業を再編集したものとなります。 

高い?低い?投資用ローンを組むための最低年収ラインは500万円
10

高い?低い?投資用ローンを組むための最低年収ラインは500万円

投資用のローンを組むには、一体いくらの年収が必要なのか、みなさんはご存じですか。実はそのライン、案外高くないそう。そう、投資用ローンは、決して手が届かない世界の話ではないのです。※この授業はSchoo「住む用でも投資用でも、不動産についての質問に何でも答えます」の授業を再編集したものとなります。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?