“学びたい”を刺激するメディア。

2020.12.26

Interview

“ふるさと納税は2000円でたくさんの返礼品がもらえてメリットしかない”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴先生が解説するふるさと納税をやるべき理由

“ふるさと納税は2000円でたくさんの返礼品がもらえてメリットしかない”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男、南祐貴先生が解説するふるさと納税をやるべき理由

ふるさと納税の正しい知識

目次

  • ふるさと納税はお金について知る第一歩目
  • 受け入れ額と件数について
  • ふるさと納税は納税ではなく寄付?
  • まだ間に合う!ふるさと納税を今すぐやるべき理由
  • 控除とは?ふるさと納税がお得な理由
  • サラリーマンにおすすめしたい「ワンストップ特例」について
  • 計画的に選ぶ。商品選びの結論
  • セカニチはどこにふるさと納税をした?税金に対して興味を持つべき理由とは
最近広告などでよく耳にする「ふるさと納税」
聞いたことはあるけどどんなものなのかよくわからないという方も多いと思います。
ふるさと納税はとてもお得な点が多くあり、いますぐ始めるべき理由があります。

そこで、schooで好評の番組『30歳までに知っておきたい経済の知識』で講師を担当する「#世界最速で日経新聞を解説する男」南祐貴先生が、わかりやすくふるさと納税について解説します。

ぜひこの機会にふるさと納税を始めてみましょう!

南 祐貴 先生

#世界最速で日経新聞を解説する男 / セカニチ

徳田 葵

受講生代表

学びノート

SESSIONふるさと納税はお金について知る第一歩目

本日はどのようなテーマをお話ししていただけるのでしょうか?

2848

本日は「ふるさと納税の正しい知識」についてお話ししていきます。
しかし、今回はふるさと納税について解説しますが、僕が伝えたいことはそれだけではありません。このふるさと納税をきっかけに、給与明細や納税している金額、世の中の仕組みを知る第一歩目として理解して欲しいです。

20

お金について知る第一歩目としてふるさと納税を理解しようということですね。
私自身も興味のあるテーマなので楽しみです!

2848

よろしくお願いします。

SESSION受け入れ額と件数について

2848

総務省の資料ではふるさと納税の受け入れ額は2014年から右肩上がりに増えていき、2018年や2019年ではかなり増えているように見えます。

2848

恐らく2020年も同じくらいの数字になると思いますが、Twitterで税理士の方が1.5万人にふるさと納税についてアンケートを行った結果、約7割が「ふるさと納税を知ってはいるがやっていない」と回答しました。

2848

テレビCMや電車広告でよく目にするにもかかわらず、7割の人が思考停止をして世の中の仕組みを理解しないです。そして気付いたら貧乏な30歳になってしまっています。このままでは日本は衰退していってしまうと思っています。なので、まずはお金について知るきっかけとしてふるさと納税を理解して欲しいです。

2848

では、そんなふるさと納税をシンプルに言うとこんな感じです。
「2000円で、米10kgと豚肉3kgとりんご一箱とシャインマスカット一房がもらえる」

20

すごくお得ですね。なんでこんなにもらえるんですか?

2848

要するに皆さん税金を払い過ぎているということです。尚且つ税金とは住んでいる場所に帰属してしまうので、東京都港区に住んでいれば港区に自動的に住民税を払ってしまうので、東京一極集中の今、地方との競争力がなくなってしまっています。さらに人口減少していく日本にとっては死活問題です。

2848

せっかく地方の市長や市議会議員が頑張っても努力が認められない現象が起きてしまうのです。会社のように努力している人に正当な報酬がいくようにする制度がふるさと納税です。

20

なるほど。ただ納税をするより良い気がしますね!

SESSIONふるさと納税は納税ではなく寄付?

2848

ではふるさと納税についてもっと詳しく解説していきます。
結論から言うと、ふるさと納税は「寄付」です。つまり正確に言うと納税ではありません。
そして寄付をすることでお得になるというメリットがあります。

2848

例えば、生まれ育った市を応援するために寄付をします。そうすると返礼品がもらえます。負担額は実質2000円で返礼品が受け取れ、とてもお得です。

2848

返礼品の量なのですが、その人の年収次第です。僕がサラリーマン時代だった時は年収が1000万程だったので20~30万円分くらいの返礼品がもらえます。年収500万円ほどの方でしたら10万円くらいの返礼品がもらえると思います。

2848

しかし、税金をあまり払っていない低所得者の方や専業主婦の方はふるさと納税をしてもただの寄付になってしまうのでお得ではありません。

2848

ここで一つ例を挙げます。知っている人もいるかもしれませんが、2019年末に台風被害で千葉県が酷く被災してしまいました。その時に前澤友作さんがふるさと納税として、千葉県館山市に20億円を寄付し、豪雨の被災地支援を行いました。

2848

前澤友作さんはふるさと納税として20億円を支払ったのですが、実質の負担額はいくらでしょうか?

20

いくらだろう?

2848

たったの2000円です。20億円は元々所得税や住民税でもっていかれることが確定していた金額だったのです。本人からしたら2000円減っただけです。

2848

ちなみに本人はお返しとしての20億円分の返礼品がもらえたのですが、辞退しました。

2848

これはサラリーマンも一緒でして、どうせ税金としてもっていかれるお金ならば2000円を払って返礼品を貰った方がお得だと思います。

20

せっかくならお得に納税したいですよね。

SESSIONまだ間に合う!ふるさと納税を今すぐやるべき理由

20

ふるさと納税はいつから始めれば良いのでしょうか?

2848

正直、ふるさと納税を今から始めるのは遅いです。12月31日までは間に合いますが、例えば返礼品の品切れや、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みであるワンストップ特例の締め切りがギリギリになってしまったり。

2848

12月31日はとにかくサイトが混み合います。また、帰省中で返礼品を受け取れなかったり。とにかく早めにふるさと納税を行いましょう。

20

早めの行動が大切ですね。ふるさと納税の対象者はどんな方でしょうか?

2848

ふるさと納税の対象者は、所得税や住民税を多く納めている人です。区切りとして1月~12月の所得がある方です。この期間の所得で税金が決まり、2月に確定申告が行われます。なのでふるさと納税も12月末までに行わないといけないのです。

SESSION控除とは?ふるさと納税がお得な理由

2848

控除という言葉を聞いたことがあってもいまいち理解していない人もいらっしゃると思います。控除とはある金額から一定金額を差し引くことです。

2848

通常は収入から基礎控除や諸々の控除を引き、残った課税所得に対して税率がかかって税額が決まります。

2848

一方で、ふるさと納税を行うと課税所得が通常に比べて下がります。その下がった課税所得に対して税率がかかって税額が決まりますので、ふるさと納税はお得になりますというお話です。

20

だからふるさと納税はお得になるんですね。

2848

そして控除の対象になるのは、例えば、医療費、社会保険料、住宅ローン、地震保険量、生命保険料などが挙げられます。

2848

例えば今年の1月~12月の間で大きな怪我をして10万〜30万ほど支払った方は、税理士などに確認して医療費控除の相談すると良いと思います。

SESSIONサラリーマンにおすすめしたい「ワンストップ特例」について

2848

今こちらの記事を読まれている方でサラリーマンをしている方も多いと思いますが、そんな方達に「ワンストップ特例」を知っていただきたいです。

2848

ワンストップ特例とは、要するに確定申告不要で簡単にふるさと納税ができるというものです。寄付者が地方自治体にふるさと納税を行い、その旨を自治体が住所地市町村へ連絡することで寄付者に封筒が届きます。その封筒でワンストップ特例ができ、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられます。

2848

ワンストップ特例も期限が決まっていますのでなるべく早く行動しましょう。

2848

また、ワンストップ特例を使える条件が2つあります。
1つは、ふるさと納税先の自治体数は5自治体までです。自治体とは都道府県ではなく市なので、例えば北海道で2つの市をふるさと納税先の選んだ場合、それは2自治体とカウントされます。自治体を6つ選んでも5つまでしか受け付けないので注意してください。

2848

2つ目は、確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者が対象です。確定申告が必要な方はワンストップ特例が使えないです。

20

確定申告をしないでいいのは楽ですね。ぜひワンストップ特例を活用してみてください。

SESSION計画的に選ぶ。商品選びの結論

2848

ふるさと納税のお得とは何かを考える上で、還元率が重要なのかという話が出てくると思います。

2848

還元率を重視した場合、ふるさと納税で最もコスパがいいものは何かを比較するサイトがあります。それは「ふるさと納税ガイド」というサイトでございます。こちらは全ふるさと納税のサイトを網羅しており、還元率がいいものをランキングで表示してくれるサイトとなっています。

2848

ですが、ふるさと納税の商品選びの際に還元率は気にしないでください。
返礼品は冷凍物が多いのですが、たくさん届いても冷凍庫に入りきりません。なので食べたいものを食べてください。

2848

また、12月末になってふるさと納税をするようでは計画性が無いと言えます。なので還元率などを気にするのではなく、本当に欲しいものだけもらいましょう。
要するにもっと計画的に行動できるようにしていきましょうということです。

20

今回の授業をきっかけに皆さんも計画していきましょう!

2848

12月末に慌ててふるさと納税をして冷凍庫がパンパンになってしまった人は注意しましょう。来年から同じことを繰り返さないように、僕のおすすめとして毎年11月3日は文化の日が確定していますので、文化の日はふるさと納税を購入する日とカレンダーに毎年繰り返しの設定をしておきましょう。僕はもちろん設定しています。

2848

なので来年の文化の日は僕と一緒にふるさと納税をしましょう。

20

ついつい後回しにしてしまうのでこの日にやると決めて必ずするように工夫してみるといいですね。

SESSIONセカニチはどこにふるさと納税をした?税金に対して興味を持つべき理由とは

2848

ちなみに僕が選んだふるさと納税先を発表します。

20

気になります!

2848

僕は宮崎県の都城市を選びました。ちなみに宮崎県に行ったことはありません。

2848

なぜここを選んだかと言いますと、人で選びました。市長がどういった思いで市に対して改善を行って、社会にとって価値ある市にするためにはと考える点は、会社の経営者に近いと思います。ふるさと納税は投資に近いとも言えます。

2848

他ともいろいろ比較を行いましたが、宮崎県の都城市の池田さんは敏腕です。ふるさと納税をする際に、ここでは子育て支援にお金を使って欲しいとか、道路整備に使って欲しいなどの選択肢が選べます。

2848

税金に対する思いやふるさと納税をする思いなどが他とは違ったので、僕は宮崎県都城市の池田さんを選びました。

20

素敵な考え方ですね。

2848

僕が中学生の頃、社会の先生である伊勢田先生が「投票権を棄権したことは人生で1度も無い」と言っていました。

2848

昔は投票権は25歳以上の男性、尚且つお金持ちの人にしかなかったのですが、全国民に投票権が自由化されるに至るまでに様々な血が流れました。その血が投票権には入っているんだと先生から教えられ、14歳の僕は絶対に一生投票しに行こうと決めました。

2848

政治についても税金についても、今からでいいので皆さん興味を持ちましょう。そのきっかけとしてふるさと納税を始めてみましょう!

20

政治や税金について興味を持つためにも、まずはふるさと納税を考えていきましょう。南先生、ありがとうございました!

2848

ありがとうございました!
今までの授業で扱った資料を全て公開しています。よければこちらからご覧ください!
https://note.com/sekanichi/n/na47dd2e5e081

EDITOR'S NOTE

#世界最速で日経新聞を解説する男 | セカニチ
SNAアカウントはこちら!
・Instagram
https://instagram.com/sekanichi__

・Twitter
https://twitter.com/sekanichi__

2020年12月26日 公開

この授業の動画をSchooで観る

2020年12月22日 放送分
ふるさと納税の正しい知識

ふるさと納税の正しい知識

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?