“学びたい”を刺激するメディア。

企画・マーケティング(73)

「スーパープレーに投げ銭!」「ARで懐かしの選手が復活!」 楽天イーグルスのスタジアムを盛り上げるアイデアを受講生と一緒に考えてみた

「スーパープレーに投げ銭!」「ARで懐かしの選手が復活!」 楽天イーグルスのスタジアムを盛り上げるアイデアを受講生と一緒に考えてみた

Schooの新企画「生放送アイデアソン」シリーズでは、生放送とそこから生まれるコミュニケーションを活用し、実際に仕事に活きる着想力・企画力を磨くトレーニングを皆さんと行っていきます。第一回目の出題者は「仙台市」と「楽天イーグルス」。お題は「ファンをワクワク!させるスタジアムソリューションとは?」。この授業では、本プロジェクトの主催者である仙台市の白石先生と楽天イーグルスの大石先生をお招きし、テクノロジーを活用した新しい観戦の楽しみ方にはどんなものがあるのか?より観戦者に快適なサービスを提供するために必要なこととは?など、受講生のみなさんのアイディアをもとに、スタジアムという場所をもっとよいものにできるアイデアを、生放送で一緒に深く広く考えていきました。ここでは、授業で投稿された皆さんのアイディアと先生からのフィードバックをご紹介していきます!

生産性が劇的にあがる。人気ブックライターが教える「爆速ライティング術」とは?

生産性が劇的にあがる。人気ブックライターが教える「爆速ライティング術」とは?

今回の授業では、ベストセラー書籍※「10倍速く書ける超スピード文章術」の著者である上阪徹先生のご経験から、仕事の生産性を高める”爆速ライティング”のノウハウをお話しいただきました。1時間で3,000字、5日間で本1冊を書き上げるという上阪先生は、もともと文章を読むことも書くことも苦手だったと言います。しかし、なぜ文章嫌いだった先生が爆速ライターになれたのか?ここでは、「仕事の生産性が高まる、誰でも使える爆速ライティング術」についてご紹介していきます。※「10倍速く書ける超スピード文章術」https://www.amazon.co.jp/dp/4478102449/

“ことばの記憶を探る旅” 「マジ文」前田先生と考える、 「ことば」が持つ意味とは?

“ことばの記憶を探る旅” 「マジ文」前田先生と考える、 「ことば」が持つ意味とは?

小学校から高校まで12年も国語の授業を受けているのに、出来ているようで出来ていない人が多い文章作成。出来ているつもりでも、読み手に伝えること、自分の伝えたいことを強調した表現に整えるには、かなりの苦戦が強いられる。文章力をさらに強化するために、前回授業で習った範囲を連載授業としてより詳しく教えていただきます。今回は、本連載からスタートした前田先生のコラム「そもそも“ことば”とは何か?」について、受講生のコメントと共に考えていきます。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?