“学びたい”を刺激するメディア。

2020.01.27

column

大事なのはモノの視方と考え方!ブランディングが学べる授業3選

大事なのはモノの視方と考え方!ブランディングが学べる授業3選

現代の市場は、まさに飽和状態。同じような商品が所せましと店頭に並び、価格競争に勝つことで買い手を増やそうと各企業が奮起している時代といっても過言ではないでしょう。

ただそれは苦肉の策でもあり、本当はどの企業も「価格競争から抜け出し、長く売れるモノ・サービスを生み出したい」と考えているはず。

ここでは、そんな価格競争から抜け出したい人のために必要不可欠な「ブランディング力」を高められる授業を紹介します。

目次

  • そのムダ、どう活かす?ムダを活躍させるブランディング術!
  • シンプルさが大事!複雑な時代に求められる事業ブランディング
  • 実例をもとに学ぶ!グラフィックデザイナー視点のブランディング
         

そのムダ、どう活かす?ムダを活躍させるブランディング術!
全てのムダに理由あり!弱者のブランディング戦略

         
    
    

20歳で個人サイトを運営、26歳で起業し、現在は株式会社LIG取締役副社長である吉原ゴウ先生に、業界で注目されるためのブランディング術を学びます。

 

近年、競合他社が乱立し競争が激しいWeb製作業界。その中で月間UU数80万人(東京ドームを14回満員にできる規模)まで会社を盛り立てることができたのは、“ムダ”に意識を持ち実践してきたからと吉原先生は語ります。そのムダとは?

 

また、そのムダを最大限活かすために大切な要素は、授業の冒頭に問われるこの質問からひも解かれます。

 

「ワインの在庫が100本あります。これを全て売る為に、あなたならどうしますか?」

 

どの業界でも通じる至高のブランディング術で、自社の戦略を見直すきっかけになること請け合いです。

 

              
こんなことが学べる!授業のポイント
株式会社LIGが大事にしたブランディング術
大事なのはムダを意識して活かすこと
ブランディング戦略の理想の形
  • ①どんどん問い合わせがくる
  • ②お客さんとのマッチング精度が高い
  • ③他社と比べられない(コンペにならない)
  • ④金額勝負にならない
理想を形にするには「ファンを作る」ことが大切
            
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

シンプルさが大事――複雑な時代に求められる事業ブランディング
ブランディングのためのエクスペリエンスデザイン

株式会社OVERKAST代表取締役で、東洋美術学校ではUXデザインの講師を務めている大林寛先生を招いたこの授業のテーマは「エクスペリエンスデザインの概念と方法」について。

 

複雑なサービスやテクノロジーが混在する昨今、「ユーザーにとって良い事業ブランディングを考えたい」という考えは、どの企業も持っているもの。しかし実際、どのようなブランディングを行えば良いのかわからない人は少なくないはずです。

 

いまのご時世だからこそ求められる、大林先生が考える“エクスペリエンスデザイン”とは?

 

この授業を見た人の感想

ユーザー

経営者のコンプレックスによって動かされた事業...w →ポジティブもネガティブも受け入れてスタイリング。なるほど〜。

ユーザー

第三者視点を忘れない

ユーザー

とにかく俯瞰すること、きちんと分解すること

こんなことが学べる!授業のポイント
エクスペリエンスデザインの概念
ブランディングとマーケティングの違い   
  • ①ブランディングは先天的な「個」についての定義
  • ②マーケティングは後天的な「関係」についての戦略
エクスペリエンスデザインの方法論と基本構造
  • ①事業の文化をパーソナリティに変換
  • ②言語化とイメージ化を繰り返してコンセプトにする
  • ③ユーザーと事業の“個”から関係を視る
  • ④二元性を持たないように意識し、第三の視点に立つ
  • ⑤視た関係をもとにデザインの対象を考える
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

実例をもとに学ぶ!グラフィックデザイナー視点のブランディング
グラフィックデザイナーだからできるブランディング

実例をもとに学ぶ!グラフィックデザイナー視点のブランディンググラフィックデザイナーだからできるブランディング

「商品パッケージのブランディング、リブランディングに必要なこととは?」

「グラフィックデザイナーが持つべきブランディングの視点とは?」

 

この授業では、書籍『グラフィックデザイナーだからできるブランディング』の著者で、花王、カルビー、不二家など有名企業製品のパッケージデザインのリブランディングを手掛けてきた、ブランディングデザイナー・アートディレクターである内田喜基先生が講師を務めます。

 

「今は良い製品を作ればOKという時代ではなくなった」「自分で説明できないデザインは良いデザインとは言えない」と語る先生が大事にする思考や視点は、ブランディング市場で輝くためのヒントになるでしょう。

 

この授業を見た人の感想

ユーザー

値段と見た目とのギャップ→多少値段が上がっても心に響くパッケージにする

ユーザー

違うファン層を取り込む施策も

ユーザー

ワクワクをストック。

こんなことが学べる!授業のポイント
ブランディングを行うために必要な7つの思考
  • ①ブランドづくりにはピュアなコミュニケーションが大事
  • ②クライアントの描く想いにどれだけシンクロできるか
  • ③行動力により、点と点が線になり、面となって広がっていく
  • ④金額勝負にならない
  • ⑤CI,VIはデザインの心臓である
  • ⑥デザインに意味を込める
  • ⑦ワクワクのストックはデザインの大事なファクターになる
  •   
ブランディングは中長期(2~3年後)を見据えた方が良い
ブランドロゴの考え方
大クライアントとのコミュニケーション方法
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

現代市場は、物一つを売るのにも他製品との差別化が重視されるようになってきています。そのためにはデザイン力だけではなくそこに至るまでの思考や視点、つまりブランディング力が問われているといっても過言ではありません。

 

今回紹介した3つの授業で、現代市場で輝くブランディング力を身につけてください。

        

文=トヤカン

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?