“学びたい”を刺激するメディア。

イノベーション(75)

“常識に違和感を抱くことで新しい価値観が誕生する”ーー新しいテクノロジーと私達はどう向き合うべきか

“常識に違和感を抱くことで新しい価値観が誕生する”ーー新しいテクノロジーと私達はどう向き合うべきか

新たな技術が発展し社会に実装されると、価値が遷移し、雇用が生まれ、生活が変化していきます。だからこそ、新しいテクノロジーが到来したとき、いかに向き合うか、解釈するか、盛んに議論がなされてました。特に技術発展のめまぐるしい現代においては、各個人や社会がどんな判断を下すべきなのか、非常に難しい局面を迎えています。紙媒体から電子媒体へとシフトしたとき、PCからスマホにシフトしたとき、まだ見ぬテクノロジーが社会に浸透したとき、私達はどのように向き合うべきなのでしょうか?そこで、テクノロジーに関わりのある3人の先生方と共に、技術の過去・現在・未来について考えていきます。

いい会社ってなに? 副業禁止はもう古い? 複業研究家と働き方改革の専門家に聞く、会社選びのポイントとは

いい会社ってなに? 副業禁止はもう古い? 複業研究家と働き方改革の専門家に聞く、会社選びのポイントとは

「次、あなたが働く会社はどこか」転職を希望している方の中で、DX(デジタルトランスフォーメーション)をはじめとしたビジネス領域の大きな変化を意識し、より事業や自身の成長を優先する傾向があると言えるでしょう。この変化が激しいいま、私達がつぎ働く会社をどのように選ぶべきなのでしょうか。そこで、会社選びに深く関わりのある複業研究家の西村 創一朗先生と働き方改革総合研究所の代表、新田 龍先生にお越しいただき、これからの「会社選びのポイント」や「いい会社の条件」、AI時代の働き方などについてお話しいただきました。

“送り合ったメッセージの数だけ愛が育まれる”ーーオンライン合コン・デート・結婚、愛の形はどう変わる?

“送り合ったメッセージの数だけ愛が育まれる”ーーオンライン合コン・デート・結婚、愛の形はどう変わる?

\ 今回の学びポイント /・オンラインデートからカップルが誕生している・ラインとチャットとかの吹き出しの数だけ愛が蓄積されていく・コロナ期間は価値観自体も確かめ合えるタイミング・オンラインでは話を端的に言える人、話をしっかり聞いてくれる人はモテている自粛が続くいま、恋愛/結婚市場はどのように変化するのでしょうか。対面で会うことができなくなった今、「合コン、デート、結婚式」をオンラインで代替するプロダクトが生まれ始めています。世界でも早い段階でコロナ禍にみまわれた中国ではこの潮流が大きくなっており、実際に利用するユーザー数も増えているようです。この変化は、単なるオンラインによる手段の代替だけでなく、恋愛の慣習や愛の形すら変えるかもしれません。そこで本授業は実際にオンライン合コンを主催にすでに100名以上の参加者を集める國本氏、そして中国市場にも精通する黄氏、法人営業とコミュニケーションについて発信しオンラインキャバクラ研究も行う杉本氏にお越しいただき、それらの現状と展望についてお話いただきます。

求められるのは“社会的意義とサスティナビリティ”。Allbirds、Casper、NIKEが牽引する「D2Cブランド」は、これからのスタンダードになるのか

求められるのは“社会的意義とサスティナビリティ”。Allbirds、Casper、NIKEが牽引する「D2Cブランド」は、これからのスタンダードになるのか

当事者たる起業家が考える、2020年テックトレンド。実際にそのトレンドの流れを利用しながら社会に新たな価値を生み出そうとしている起業家たちは、それらをどのように捉え、考え、日々に生かしているのでしょうか。新進気鋭の起業家たちに集まって頂き、様々なメディアで取り上げられた2020年テックトレンドの中から、ご自身が事業に活かそうとしているものや深く考えていること、強い興味を持っているものを選んでいただき、解説いただきました。ここでは、トレンドワードとなっている「D2C」ブランド「FABRIC TOKYO」を展開する森 雄一郎先生に、D2Cが注目されている理由や成功しているD2Cブランドの共通点などについてご紹介します。

“市場価値を上げるには2つの方法がある”ーーヘッドハンター・起業家から見た"市場価値"が高い人、低い人とは?

“市場価値を上げるには2つの方法がある”ーーヘッドハンター・起業家から見た"市場価値"が高い人、低い人とは?

企業競争が激化している現在、転職マーケットにおいて、企業は"即戦力"となる人材を求めています。テクノロジーに左右されない能力、テクノロジーに依拠する能力の両輪で結果を出し続けるビジネスパーソンが即戦力人材であるとしたとき、常に「即戦力で有り続け、選ばれる人材」になるためにはどうすべきなのでしょうか。そこで今回は、 株式会社キープレイヤーズ CEOであり、ベンチャー・スタートアップへの転職支援ほかHR業界に深く関わる高野秀敏氏、そしてオーマイグラス株式会社 代表取締役社長のめがねシャチョウ氏にお越しいただきます。これからの人材市場において求められるビジネスパーソンについて対談形式で深堀ります。株式会社キープレーヤーズhttps://keyplayers.jp/オーマイグラス株式会社https://www.ohmyglasses.co.jp/

―現代鎖国の終わりは近い!?―中島徳至先生、中村亜由子先生、沙魚川久史先生、橋本雄太先生が語る「日本とオープンイノベーション」

―現代鎖国の終わりは近い!?―中島徳至先生、中村亜由子先生、沙魚川久史先生、橋本雄太先生が語る「日本とオープンイノベーション」

高度経済成長の時代から、技術革新やR&Dを中心に発展を続け、驚異的なスピードで先進国へと変貌を遂げた日本。しかしビジネス競争がより激化した現代では、一企業の自前主義産業だけで世界はおろか国内の競争に打ち勝つのが難しくなってきました。そこでいま注目され、活用され始めているのが「オープンイノベーション」という手法。ただし、現状はビジネスに結びついていないことがほとんどです。果たして、この現状を打破するソリューションはあるのでしょうか。この授業は、Global Mobility Service株式会社・代表取締役の中島徳至先生、eiicon company・代表の中村亜由子先生、セコム株式会社・オープンイノベーション推進担当リーダーの沙魚川久史先生、京浜急行電鉄株式会社・新規事業企画室担当の橋本雄太先生の4人を講師に迎え、日本のオープンイノベーションに潜む課題やソリューションについて対談していただきました。ここでは、授業を視聴する前に押さえておきたい注目すべきポイントを紹介します。

「AI人材」になるための4ステップと予測AIの作り方

「AI人材」になるための4ステップと予測AIの作り方

AI(人工知能)の発展は著しく、いずれはExcelやWordのように仕事で誰もが使うツールになると予測されています。これからのAIとの付き合い方を、特にその分野に苦手意識のある「文系」人材向けに記した人気書籍が『文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要』(東洋経済新報社)。その著者である株式会社ZOZOテクノロジーズの野口竜司先生により直接書籍にまつわる解説が受けられるSchooの授業が2020年7月に開講されました。この記事ではその中から基礎的な内容をピックアップ。わかりやすくポイントを切り出した文章でご紹介します。自らも文系AI人材としてZOZOグループのビジネスを支え、副業でAI研修・AI顧問として活躍する野口先生。その充実した講義内容はAIへの苦手意識のある方こそ必見です!

「かめはめ波を、サッカーを超える競技に」ーー eスポーツの実践者が語る新しいスポーツの形とは

「かめはめ波を、サッカーを超える競技に」ーー eスポーツの実践者が語る新しいスポーツの形とは

当事者たる起業家が考える、2020年テックトレンド。実際にそのトレンドの流れを利用しながら社会に新たな価値を生み出そうとしている起業家たちは、それらをどのように捉え、考え、日々に生かしているのでしょうか。新進気鋭の起業家たちに集まって頂き、様々なメディアで取り上げられた2020年テックトレンドの中から、ご自身が事業に活かそうとしているものや深く考えていること、強い興味を持っているものを選んでいただき、解説いただきました。ここでは、AR技術を用いたeスポーツ競技「HADO」を発明。「テクノスポーツで世界に夢と希望を与える」というビジョンを掲げ、サッカーを超えるスポーツ市場の創造を目指すmeleapの代表、福田 浩士さんが考える「これからのeスポーツ」の形についてご紹介します。

gumi國光宏尚先生による、Techキーワード超解説「ブロックチェーンの世界の潮流、C向けサービスでの活用方法」

gumi國光宏尚先生による、Techキーワード超解説「ブロックチェーンの世界の潮流、C向けサービスでの活用方法」

何がブロックチェーン“ならでは”なのか、実践例から考える。FinTechや仮想通貨への期待が高まり、“ブロックチェーン元年”と呼ばれた2019年。2020年はブロックチェーンがより一般的に活用されていくことが予想されますが、どのようなサービスが今後展開されていくのでしょうか。本授業は、株式会社gumi代表取締役会長である國光宏尚先生を講師に招き、株式会社TRUSTDOCK取締役でありJBA(日本ブロックチェーン協会)理事でもある肥後彰秀さんがモデレートしながら、ブロックチェーンの活用方法について考えていきます。

「顔認証AI」が社会に定着すると、世の中は一体どうなる?

「顔認証AI」が社会に定着すると、世の中は一体どうなる?

カメラに映った顔の情報で本人確認をする「顔認証AI」。非接触の認証方法ということで、ウィズコロナの今、社会で広がりを見せています。顔認証技術はどのような仕組みでAI活用されているのか、そして、今後、どのようにわたしたちの生活を変えていくのか、一緒に考えてみませんか?Schooの授業『「顔認証AI」とは何か?これからどうなるか?』は、顔認証の理解を深め、生活に導入された未来を一緒に考える授業です。講師は、顔認証技術で世界をリードするNECで研究開発に従事してきた“ミスター顔認証”今岡仁先生。本記事では、顔認証の導入事例から始まり、この技術によってどんな風に世界が変わるか、今岡先生の解説を深掘りしてご紹介していきます。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?