“学びたい”を刺激するメディア。

2020.03.20

Interview

AIが発達した未来は"人のために時間を使う人"が幸せになるーーけんすう先生と考える「人類が暇になったら何が生きがいになるのか」

AIが発達した未来は"人のために時間を使う人"が幸せになるーーけんすう先生と考える「人類が暇になったら何が生きがいになるのか」

「人類が暇になったら何が生きがいになる?」古川健介先生:SchooZone β版

目次

  • なぜ「人類が暇になったら何が生きがいになるのか」を考えるのか
  • 「エンタメコンテンツ」がこれからのビジネスの鍵
  • 最も幸福なことは、「他人のために」時間とお金を使うこと
あなたは『ゾーン』と呼ばれる瞬間を体験したことがありますか?

人と話している時・考え事をしている時にも出てくる自分ではないような、すべてがうまく繋がっていくように感じるあの瞬間。

絶対の正解がないものに対して、より自分の中で納得できるものを選択し、生きていかなければならない今。

人類が暇になったら何が生きがいになるのでしょうか?

ここでは、けんすう先生と、1人でその問いに立ち向かった時には辿り着けない思考の境地に、一緒に入っていきましょう。

古川 健介 先生

Supership株式会社 取締役

中田 有香

受講生代表

学びノート

SESSIONなぜ「人類が暇になったら何が生きがいになるのか」を考えるのか

1

本日は「人類が暇になったら何が生きがいになるか」ということを、皆さんと考えながらお話していきたいと思います。

そもそもなんでこのテーマを選んだかというと、AIとかの技術が発達することで人間の労働時間は減っていくでしょうと、これよく言われることですね。

1

例えばですね、昔だと奴隷制度があって、奴隷が全部働いてくれる時って、貴族とかは暇だったりしたんですけど、それと同じようなことが現代でも起こるんじゃないかと思っています。

1

ただ、おそらくそんなにもらえるお金は増えるわけではないので、お金はそんなにないけど時間はあるっていう状態になると。

そういったときに人類がどうなるかっていうのはちょっと面白いかなということで、このテーマにしました。

1

僕がいま考えている答えを紹介すると、「人を応援することが生きがいになる」というふうに私は考えております。

どういうことかと言いますと、おそらくなんらかのチャレンジをしている人が、生きがいを感じやすいと思うんですけど、みんながみんなそれができる訳ではないんですね。

1

夢をもって何かをやっている人とか、大きなことを成し遂げようとしている人の人気がどんどん高まっていって、そういう人たちを応援することが、人類が暇になったときに一番求められる生きがいになるんじゃないかなと考えております。

SESSION働きたくなければ、働かなくていい未来が来る?

2

働くことが生きがいになっている人はどうするんだろう?

1

逆に言うと、仕事が生きがいになっている人しか仕事をしなくなると思います。

働きたくないのに働いている人って、基本的に全体の生産性を落としがちなんですよ。

1

めっちゃ働きたいっていう人だけが働くともうちょっと円滑に回るので、働きたくない人は働かなくていいっていう時代は、割りと早くに来るんじゃないかなと僕は思っています。

SESSIONここ10年でも、仕事の総量は半分になってきている

1

けんすうさんの言うことはめっちゃ理解できるんですが、それって何年後くらいのことを想定しているんですか?

1

うーん。10年後くらいから仕事の量は減っていくんじゃないですかね。

というのも、例えば僕、2009年に起業していて、また最近起業したんですけど、体感的に立ち上げの労力における仕事の量は半分近くになっています。

1

それって、まさに色んなシステムのアップデートがすごくて。

例えば昔って社会保険の申し込みとかって全部、社会保険庁みたいなところに行って、紙で手続きしていたんですけど、スマートHRっていうシステムでネットからピッてやると一瞬でやれたりとか。

1

経理とかも昔は一件一件やっていたのが、今だと自動でやってくれたりだとか。

あと契約書のハンコとかもクラウドサイっていうのでピュッと飛ばして相手がクリックするだけとか。

あとリモートのミーティングがしやすいとかで、とにかく労働時間がすごく減ったなって言う感じなんですよ(笑)

1

なので僕の業界だと、ここ10年くらいで仕事の量は半分くらいになったっていう感じがしています。

ITベンチャーとか見ていると、10年前はめちゃめちゃ残業していたのが、今だと7時とか8時とかに帰りますっていうのが多くなっているので。

1

週休3日の会社が2年後3年後とかにちょこちょこ出てきて、5年後10年後とかになるとそれが当たり前になって、先進的な企業は週休4日になっている。

そんなイメージですね。

SESSION「エンタメコンテンツ」がこれからのビジネスの鍵

3

人類が暇になったら映画とか読書が生きがいになりそう。

1

これはあると思います!

今、漫画サービスの「アル」という会社を立ち上げたんですけど、エンタメは来ると思いますね。

なので、映画とか読書とか漫画とか、その辺のエンタメコンテンツは生き残り続けると思います。

1

逆に日本でベンチャーをやるときに、こういうコンテンツ系以外のAIとかだと、Googleとかamazonとかと戦わないといけないので、エンタメ系の起業のほうがいいんじゃないかなと思います。

SESSION「いいね!」の次は「祈り」が来る?

4

見返りを求めることが第一義だと、何が違ってくる?

1

これは応援することが生きがいになるのアンサーですかね。

そうですね。見返りを求めることはまさにそれで。

例えばレビューを書くことの歴史をたどると、最初って食べログみたいなサイトが出てきて。

1

みんな書いていることが楽しかったんですけど、その後にfacebookとかTwitterがいいねを導入し始めた結果、承認欲求を満たすことがみんな楽しくなって、承認満たすゲームになったんですよね。

1

いま感じているのが、承認欲求を満たすためにいいねをもらうみたいなことにみんなが興味をなくしてきているので、次に来ているのが「祈り」だと思っています。

なんか神様に祈るみたいな感じですね(笑)

1

祈るように応援するっていうのが最近結構見るんですよ。

見返りが欲しいとか、認識してほしいみたいなことじゃなくて、みんな祈るように応援するっていう楽しさに気づいていると思うので、これはそうだと思います。

1

祈りだと思います。

SESSION「資本主義のアンフェアさ」が解消されるかもしれない

2

資本主義では解決しきれなかった問題に人類が目を向けていける流れは素晴らしいですし、正しい流れなんですかね?

1

正しいかは分からないですが、資本主義では解決できなかったことは確かにたくさんあると思います。

資本主義って、基本的にお金をたくさん持っている人が得をし続ける仕組みになっているので、僕は割りとアンフェアだと思っています。

1

要は、10億持っている人って、資産運用するだけで、例えば年間5000万とか入ってくるんですよね。

でも、それに対する税金って20%とかなんですよ。

ただ、不動産投資とかをして、色んなものを経費とかにするともう少し下がるんですよ。

1

なので実質的な税率は15%とかになるんですけど、一生懸命働いて年収2000万とかの人って、半分くらい税金で取られるので、1000万しかもらえないっていう。

1

で、どっちが価値を出しているんだっけっていうと、働いている人の方が価値を出しているんだけど、人を働かせてお金だけ出している人は、お金が儲かり続けるっていうふうになるので、あんまりよろしくないかなと個人的に思っています。

1

その辺が、ロボット税じゃないですけど、AIを使って働かせている資本家からちゃんと税金を取れる仕組みがあると、正しい流れになりやすいかなと思っています。

SESSION最も幸福なことは、「他人のために」時間とお金を使うこと

1

利他的なことに自分の時間を使うことに生きがいを見出す人が増えてほしいです。

1

正しいと思います。

というのも、人のためにお金とか時間を使うことが一番幸福度を上げるっていうデータがあって。

1

なので、基本的にみんなが暇になっても生きていけるっていうふうになって、利他的なことをするってなると、みんなが幸せになるので、いいはずです。

1

利己的なことをすると幸福度は下がるんじゃないかなと思います。

SESSION人類が暇になったら何が生きがいになるのか

1

みんなの話とか僕の意見を聞いて、最初と考えが変わったりする人もいると思うんですけど。

一旦、人類が暇になったらこうなるんじゃないかなという結論を考えていきます。

1

僕の考えはちょっとだけ変えて、さっきまでは「人を応援するようになる」だったんですけど、「人のために時間を使って幸せになる」っていうふうになるじゃないかなと思いました。

1

応援とちょっと近いんですけど、お金も時間も人のために使う方が幸福度が上がるとしたら、社会貢献とか、環境問題とか、そういったところに時間を使うっていうのが流行るのかなと思いました。

1

結局、自分が幸せなのかという話になると思うので、自分を幸せにするために他人を応援するっていうふうになるのかなというのが、僕の結論です!

1

皆さんも、学び続けるのがいいとか、趣味に没頭するとかも答えとしてはそうだと思うので、素晴らしいと思います!

1

また皆さんとお話しできる機会があればいいなと思います。

皆さん、本日はありがとうございました!

EDITOR'S NOTE

思考の旅に出かけた、
けんすう先生のTwitterアカウントはこちら!
https://twitter.com/kensuu

2020年03月20日 公開

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?