いつでも、学び続ける人のためのメディア

2020.01.31

Column

あがり症対策にオススメの授業3選【もうモジモジしないために】

あがり症対策にオススメの授業3選【もうモジモジしないために】

家族や親しい友人の前ではなんともないのに、職場の同僚や取引先、初対面の人が相手だと緊張して上手くコミュニケーションが取れない……。そんな「あがり症」の人は意外と多いもの。

「人前で堂々と話せるようになりたい!」「人見知りをどうにかしたい!」と思うものの、具体的に何をどうすればよいのかわからずに悩んでいませんか?

今回は、そんな人にぜひ受講してほしい授業を3つピックアップしました。

目次

  • まずは自己分析!あがり症のタイプを把握しよう
  • 深呼吸は有効?あがり症を克服するための5大ポイント
  • 自分を大切にしながら、人付き合いをラクにする方法

まずは自己分析!あがり症のタイプを把握しよう
初対面の人とアガらずに話す実践テクニック

人が「あがる」とき、「頭が真っ白になる」「声が震える」「汗が止まらない」など様々な症状に悩まされます。しかしそれは、過去の失敗が原因となり、「恥をかきたくない」と強く感じたときに自分を守ろうとする自己防衛本能のひとつ。

 

一口に「あがり症」といってもいくつかのタイプに分けられるそうです。

 

一般社団法人あがり症克服協会 代表理事の鳥谷朝代先生が講師を務めるこの授業では、まず自分がどのタイプのあがり症なのかを把握し、実践的な「初対面でも親しくなれる会話テクニック」を学ぶことができます。

 

また鳥谷先生によれば、あがり症はメンタルだけの問題ではなく、フィジカルトレーニングでも改善できるとか。今日から実践できる「あがらないカラダづくり」は必見です!

この授業を見た人の感想

ユーザー

かっこつけずに、たくさん失敗しとく。

ユーザー

あがり症は克服したらパラダイス。

ユーザー

ちゃんとほぐしておくと震えや固くなるのを防ぐので効果的!次のプレゼンはこれやろう

こんなことが学べる!授業のポイント
「あがり症」にはどんな症状があるのか
約60%!人見知りが増えてきた理由
自分の「あがり度」と「あがり症」のタイプを把握
「あがり症」の人の行動パターン
初対面で仲良くなるには「シタシキナカ」が大事
姿勢や呼吸法、発声から改善するフィジカルトレーニング
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

深呼吸が有効?あがり症を克服するための5大ポイント
あがり症を治す -本番に強くなる方法-

見た目を良くする、試験などの開始ギリギリまで勉強する、深呼吸する、事前に根回ししておく……。緊張をほぐすためにやりがちなこれらの行動。この中には、あがり症の人が避けた方が良い行動が含まれています。

 

また、あがり症を克服するために重要な5つのポイントがあるそうですが、そのポイントとはいったい?

 

講師を務めるのは、ヒューマンラーニング株式会社 代表取締役の松本幸夫先生。自身もあがり症に悩んでいたという松本先生が言うには、「あがり症=過度の緊張状態」のこと。「度を越えた緊張状態」であるあがり症は、成果を出す基本能力があってもブレーキになってしまうとする一方で、「緊張感がゼロの状態」でいることもまた問題といいます。

 

受講生のリアルな質問に答えながら進んでいくこの授業を通して、適度な緊張感を持ちながら集中するコツを学びましょう。

この授業を見た人の感想

ユーザー

アガっても、果たすべき使命に比べたらちっぽけなもの。

ユーザー

事前にリハーサルする。

ユーザー

深呼吸は長く息を吐く、落ち着~く。

こんなことが学べる!授業のポイント
やりがちだけど避けた方が良い行動
あがり症の克服に重要な5大ポイント   
  • ①あがりやすい状況にしない
  • ②あがったときの保険をかける
  • ③身体の重心を下げる工夫をしておく
  • ④好きな事をする時間を増やす
  • ⑤大きな夢・志・使命に目を向ける
息を長く吐く深呼吸は即効性あり!
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

自分を大切にしながら、人付き合いをラクにする方法
敏感すぎるあなたへ-人づきあいを楽にするはじめの1歩-

人の気持ちを考え過ぎて疲れてしまった経験はありませんか?

 

この授業では、自身も人を避けて生活していた時期があったという、一般社団法人あがり症克服協会 理事の宮松大輔先生が講師として登場。「キャラ隠しタイプ」「過剰同調タイプ」「自己否定のかたまりタイプ」の3つに分かれる、人付き合いが苦手な人のタイプ診断や、自分らしくいるために必要なこと、人付き合いをラクにするために必要なことを学ぶことができます。

 

受講者から寄せられた「嫌がらせをする人が会社にいる場合は?」「職場の飲み会に行きたくないときは?」「人と連絡することが疲れてしまう」などの“人付き合いの悩みあるある”にも回答していますが、宮松先生はどんなアドバイスをしたのでしょう?

 

この授業を見た人の感想

ユーザー

自分の好きなことを突き詰める事が、自分軸を作ることに繋がる 自分の好きなことを共有できる人を見つける 他人との距離感を大切にする、そこに着目する

ユーザー

敏感な自分を認める

ユーザー

発声を制する者は、上がりを制する

こんなことが学べる!授業のポイント
人間関係をつらくする3つの要素
我慢が人間関係をつらくする
発声を制する者はあがりを制す
思考は「どうして」ではなく「どうしたら」
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

多くの人が「あがり症」である自分をネガティブに捉えてしまいがちですが、ほんの少しの工夫でポジティブな考え方に変わることができます。どの授業にも共通しているのは、自分を把握するところから始めること。まずは自分と向き合うことが、大切なんですね。

        

文=明日陽樹/TOMOLO

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?