“学びたい”を刺激するメディア。

2022.02.05

column

仕事が絶えない人気フリーランスが語る、フリーランスとして成功する方法

仕事が絶えない人気フリーランスが語る、フリーランスとして成功する方法
動画:「フリーランスになってみてどうですか(デザイン・マーケティングの経験を活かす)」より

柔軟な働き方の選択肢が増えてきた昨今、時間や場所にとらわれず働けるフリーランスが注目を集めています。

「フリーランスは自分らしく働ける」などの魅力ばかりが語られ、その難しさや実践すべきことについて知る機会は少ないかもしれません。

Schooの授業「フリーランスになってみてどうですか」では、新しいキャリア論『ライフピボット』の著者である黒田悠介(くろだ・ゆうすけ)先生が、フリーランスのディレクター・デザイナーとして活躍している、たじまちはるさんにインタビューする形で、フリーランスのリアルを掘り下げます。本記事ではその一部内容を紹介します。

担当の先生

黒田 悠介 先生

議論メシ 主宰

たじま ちはる 先生

ディレクター/デザイナー

目次

  • SNSやブログで発信し、1年かけて準備
  • 自分の強みを掛け合わせることで唯一無二の存在に
  • やりたいことが占める割合が多い人生は楽しいし、成果も上がる

 

 

SNSやブログで発信し、1年かけて準備

黒田:フリーランスになりたい方やなったばかりの方は、まずどんな準備をすればフリーランスとして成功できるか知りたいと思います。たじまさんが独立前に行った準備を教えてください。

 

 

 

たじま:約1年間を独立の準備期間に充て、特にセルフブランディングに時間をかけました。同業者ではなく、発注してくれる人に向けてSNSやブログを書いたのがポイントです。また、参加したセミナーの感想など有名な方の目に留まるような記事も書いて、拡散してもらうことも意識しました。おかげで独立後はすぐに仕事の依頼をいただけました。

 

黒田:フリーランスになったものの、1本目の仕事がなかなかこないというケースは多いものです。たじまさんの場合、しっかりセルフブランディングして独立の準備しておいたことが成功につながったんですね。

 


自分の強みを掛け合わせることで唯一無二の存在に

黒田:受講者の中には、セルフブランディングを難しく感じる方もいるかもしれません。たじまさんはどんなことを意識してブランドを作りましたか?

 

たじま:手元のカードを戦略的に使いました。自分の得意分野を3つ掛ければ、それぞれは80%の能力でも独自の強みになる、と本で読んだことがあります。それをセルフブランディングの軸として実践しました。

 

 

 

黒田:なるほど。自分にどんなタグがつけられるか考え、自己理解を深めてそれぞれを掛け合わせた、ということですね。独自の強みを打ち出せば、他と横並びにならずに「この人にお願いしたい」と思わせることができ、依頼のリピートにもつながる効果があります。その点については、実感することはありますか?

 

たじま:リピートしてご依頼いただくときは、デザインや成果物への評価はもちろん、「理由のある選択をしてくれる」、「デザインについて言語化して説明してくれる」などの理由を挙げてくださる方も多いです。こういった対応の過程なども含めて、自分の強みを自覚するようになりました。

 

黒田:フリーランスが仕事を得るためには、尖った専門スキルより、クライアントの課題解決につながるスキルセットや経験を組み合わせることのほうが重要なのかもしれません。私自身、ディスカッションパートナーや起業、コミュニティ運営の経験があることを買われて仕事をいただくことがよくあります。

 


やりたいことが占める割合が多い人生は楽しいし、成果も上がる

黒田:実際にフリーランスになってみて心境の変化はありましたか?

 

 

 

たじま:「やりたくないことはやりたくない!」と思ってフリーランスになりましたが、やりたいことのためなら、やりたくないこともやりたいと思うようになりました。働く時間は人生の大半を占めますが、その働く時間をやりたいことだけで埋められることは楽しいし、幸せだと感じています。

 

黒田:仕事のパフォーマンスにはどういった変化がありましたか?

 

たじま:仕事に楽しく前向きに取り組めるところが何より大きな変化です。フリーランスになってからは1日の始まりに「よし、頑張るぞ!」と思えるので、パフォーマンスが向上しました。

 

黒田:自分のコンディションに合わせて働けることで、おのずと仕事の精度も上がる。これはフリーランスになることで得られる変化のひとつですね。

 

授業ではこのほか、フリーランスになることのデメリットやその対策について話題に上がりました。また、フリーランスになりたい方への実践的なエールも語られています。これから自分に合った働き方を模索したいと考えている方は、ぜひ授業動画をチェックしてみてください。

 

文=宿木雪樹

今回取り上げたSchooの授業はこちら!
『フリーランスになってみてどうですか(デザイン・マーケティングの経験を活かす)』

 

今日の生放送

おすすめ記事

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?