“学びたい”を刺激するメディア。

2020.01.10

Column

いつかやるを“今やる”に!大平信考先生から学ぶ「先延ばしをなくしたい人」が見るべき授業3選

いつかやるを“今やる”に!大平信考先生から学ぶ「先延ばしをなくしたい人」が見るべき授業3選

本当はやりたいことがあるけれど、目の前の仕事に精一杯でやる気が起きない。習い事やダイエットなど、いつでも始められることや大切なことをつい先延ばしにしてしまう。そんな自分を変えたいと悩んでいる方も少なくないはず。

ここでは、4万3000部を突破したベストセラー『先延ばしは1冊のノートでなくなる』の著者で目標実現の専門家として活動する大平信孝先生の授業から「先延ばしをなくすため」の授業をご紹介します。

目次

  • やる気よりその気になれ!行動イノベーションノートとは
  • 1分間あれば人は変われる! セルフトークと10秒アクショ
  • 目標は育てる!自己肯定感が上がるノートの書き方

やる気よりその気になれ!行動イノベーションノートとは
「先延ばしは1冊のノートでなくなる -本当にやりたいことを達成する超簡単ノート術 - 」

やる気よりその気になれ!行動イノベーションノートとは 「先延ばしは1冊のノートでなくなる -本当にやりたいことを達成する超簡単ノート術 - 」

「先延ばしは1冊のノートでなくなる -本当にやりたいことを達成する超簡単ノート術 - 」をもとに先延ばしをしないための超実践テクニックが学べる本授業。

 

先延ばしを撃退するためには「ぶっ飛んだ目標設定」と「10秒でできることを書いて実行すること」が必要だと大平先生はいいます。モデルやオリンピック選手も実践し、日本大学の馬術部を優勝にまで導いた画期的メソッドです。

 

先延ばし癖を改善するだけではなく、本当にやりたいことが見つかる、自分に自信が持てるようになり結果も期待できる、そんな今日から実践したくなるノートの書き方を学べます。

学びのハイライト

ユーザー

そうか、コメントをチャチャッと書けるようになってるのは、schooで鍛えてもらってたからなんだ…

ユーザー

ぶっとんだ目標や10秒アクションは仮決めでもいい! あっ、、、良かった、、、、

ユーザー

「何もしない」が「ちょっと始めた」に変わり、0から1への変化が起きるわけですね。

こんなことが学べる!授業のポイント
先延ばしをする人としない人の違い
「やる気」より「その気」になる目標を見つけよう
「その気」を「その通り」にする行動イノベーションノートの書き方
  • ① 昨日嬉しかったことを文字化しよう
  • ② 具体的にどう嬉しかったのかを考える
  • ③ To DoよりWant To Doリストをつくろう
  • ④ 10秒で行動できることを書いて実行しよう
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

1分あれば人は変われる! セルフトークと10秒アクション
「本気で変わりたい人の行動イノベーション」

1分あれば人は変われる! セルフトークと10秒アクション「本気で変わりたい人の行動イノベーション」

こちらの授業では、本気で変わりたい人に向けて行動イノベーションのメソッドをどのように受け入れ、実践すればよいかを具体的に学べます。

 

「過去の自分も、行動できない典型例のような人間だった」と語る大平先生ですが、できない原因を探すのをやめて「本当はどうしたいのか?」欲望にフォーカスを当てることで変われたといいます。本当にやりたいことを見つけることで、将来へのビジョンや自分の軸が明確になるのです。

 

では、どのようにして自分の欲望を引き出すのでしょうか。本授業ではその方法と、今すぐ挑戦できる「1分間行動イノベーション」のやり方を体得することができます。

学びのハイライト

ユーザー

頭の声=have to~ 心の声=want to~

ユーザー

「思う+行動」=最大の成果!

ユーザー

50秒セルフトーク⇒「本当はどうしたい?」と自分に問いかける⇒10秒アクション!

こんなことが学べる!授業のポイント
行動できない「原因」よりも「欲望」を知ろう
欲望を知るために3つの声を聞くセルフトーク
  • ① 頭の声=思考
  • ② 体の声=コンディション
  • ③ 心の声=本音
欲望をビジョンに変化させる「1分間行動イノベーション」
  • ①「本当はどうしたい?」と50秒自分に問いかける
  • ② 10秒でできるアクションを行動に起こしてみる
デイリーページを書き続けるメリット
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

目標は育てる!自己肯定感が上がるノートの書き方
「先延ばしは1冊のノートでなくなる - デイリーページ実践編 -」

目標は育てる!自己肯定感が上がるノートの書き方「先延ばしは1冊のノートでなくなる - デイリーページ実践編 -」

大平さんが提案する、行動イノベーションノートの「デイリーページ」の書き方についてさらに詳しく説明されているのが本授業。

 

デイリーページとは、自分の行動や思考パターンをノートに記録し向き合う方法です。毎日続けることで、設定した目標をその通りにカタチにできる力が身につくでしょう。自己肯定感が低く、自分の行動や目標に自信が持てない方にも有効だと大平先生は語ります。

 

先延ばし癖がある人がどのように向き合うと課題意識を持って取り組むことができるのか、行動イノベーションノートの実践方法だけではなく、根本的な意識改革から目標の立て方まで、大平先生が丁寧に導いてくれます。

学びのハイライト

ユーザー

先延ばしの定義=緊急ではなく価値あることを後回しにすること

ユーザー

自分締め切りを設けることで先延ばしを防げる

ユーザー

同じ目標を持つ仲間を作ること=先延ばし撃退につながる

ユーザー

やる気よりその気になることが大事

ユーザー

本当はどうしたいか、己に問いかけ続ける。

こんなことが学べる!授業のポイント
「先延ばし」の意味を考えてみよう
「その気」を「その通り」にする行動イノベーションノートとは
田んぼメソッドでデイリーページを書いてみよう
  • ① 昨日嬉しかったことを文字化しよう
  • ② 具体的にどう嬉しかったのかを考える
  • ③ To DoよりWant To Doリストをつくろう
  • ④ 10秒で行動できることを書いて実行しよう
デイリーページを書き続けるメリット
無料会員になって、1時間好きな授業を見る

いつかやるを、今やるに変えることができる行動イノベーションノート。大平先生の授業を通して先延ばししていることと向き合い、今度こそ本気で変わるための行動を起こしてみませんか。

文=文 希紀

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?