“学びたい”を刺激するメディア。

2020.07.14

Interview

“インプットの97%は意味がない。3つだけ覚えることが効果的”ーーベストセラーを著者が解説「インプット大全」

“インプットの97%は意味がない。3つだけ覚えることが効果的”ーーベストセラーを著者が解説「インプット大全」

『学び効率が最大化するインプット大全』著者:樺沢紫苑さん

目次

  • 普段行っているインプットの97%は意味がない?
  • アウトプットできた量=インプット量|全ての学びはアウトプット前提で
  • 持ち帰るのは3つでいい|インプットのコツは「欲張らない」
読書・勉強、記憶、情報収集など……
限られた時間で、良質な学びを手に入れる。

日々大量の情報をインプットしているのに、
・得た情報を活用できていない
・読んだ本の内容が思い出せない
・仕事や実生活に変化が起こらない
そんな方は多いのではないでしょうか。



そこで今回は、毎日累計40万人以上に情報発信する
「日本一アウトプットをしている精神科医」である著者の
“最短時間で最大効率のインプット術"を紹介します。

樺沢 紫苑 先生

精神科医、作家、映画評論家

花海 志帆

受講生代表

学びノート

SESSION普段行っているインプットの97%は意味がない?

23

早速なのですが先生、インプットの定義をどのようにお考えですか?

2815

インプットの定義は「見る」「読む」「聞く」
アウトプットの定義は「話す」「書く」「行動する」と考えています。

23

なるほど。ちなみに本の中で普通の人のインプットは97%が無駄だと書かれていましたが、これはどういうことなのでしょうか?

2815

これは面白いんですけど、みなさんここ1週間ネットで見たニュースや記事や動画のタイトルを書き出してみてください。どれくらい思い出せますか?これまで1000人以上に同じ質問をしてきたんですけど、平均3.9個、つまり3,4個しか思い出せないんですね。

23

僕も3個くらいしか思い出せなかったです。

2815

7個以上思い出せる人は全体の5%しかいないんです。

23

タイムラインでもほとんどいらっしゃいませんね、多くて5,6個でしょうか。

2815

1週間で100個の情報をみていたとしたら、大体3個くらいしか覚えていないと97%は忘れてるってことになりますよね。これを私は「ザル見」「ザル読み」「ザル聞き」と呼んでいます。

2815

私たちは1日、1~2時間、少なくとも30分はネットの情報をみているはずですが、ほとんど覚えていないんです。たった1週間で覚えていないってことは、1ヶ月するともっと忘れる訳です。

2815

なんとなく分かったような気持ちになったり、なんとなく楽しいなっていう時間潰しにはなりますけど、それを知ることによって頭が良くなったり人生や仕事に役立つということは限りなく難しいです。

23

確かにインプットした気になってるだけですね。

2815

それを「どうやったら身に付くように、記憶に残せますか」ということを書いたのが『学び効率が最大化するインプット大全』で、そのいくつかの方法を今日の最後にご紹介いたします。

SESSIONアウトプットできた量=インプット量|全ての学びはアウトプット前提で

23

質問が届いています!「「ザル読み」というのは速読のことでしょうか?それともタイトルだけサッと見ているということでしょうか?」とのことです。

2815

例えば私の本を読んだとして「どこが良かったですか?一番良かったところを教えてください」と聞いても無言になっちゃう人がいるんです。

2815

私のインプットのもう一つの定義は「アウトプットできた量=インプット量」ということです。みなさんが読んだ本について「その本で学んだことについて好きなだけ語ってください」といって、30分延々と語れる人は素晴らしいのですが、これができる人は相当少ないと思います。ほとんどの人は3分話せたらいい方だと思います。

2815

アウトプット出来ないということは、まず記憶として曖昧だということです。つまり、言葉で言えないということは実行することも出来ない訳です。

2815

本を読む際は速読でも2時間かけて良いんですけど、友達にその本の内容を説明出来なければダメです。私は「深読」、深く読むということを大事にしてるんですが、読んだ本の内容を、10~15分くらい他の人に話せるとOKかなと思います。。3分とかじゃ全然ダメです。これがいわゆる「ザル読み」です。

2815

2時間かけて読んでいるのに3分しか話せなかったら、どれだけの時間をロスしているのかっていう話ですよね。

23

確かにそうですね。アウトプット前提でインプットするっていうのが何より大事なんですね。

2815

その通りです。インプットにおいて最も大事なことが、アウトプット前提という考え方ですね。例えば「海外視察に行って、その結果を発表してね」と言われた場合、写真をちゃんと撮っておかないといけないし、資料を集めておかないといけないし、インタビューを録音したり動画も回しておいたりすると思います。

2815

あとで発表しないといけないから一生懸命インプットしようと思うのが、アウトプット前提の考え方ですね。

2815

他にも、ブログに書こうと思って本読むのと、ただなんとなく読んでるのとでは全く読みの深さが違ってきます。アウトプット前提を意識するだけでインプット効率は10倍くらいよくなると思います。2週間に3回アウトプットすると記憶として定着するので、友達に話したり感想をまとめたりする。そうすると記憶にバッチリ残ります。

2815

慣れてくるとアウトプット前提でインプットするだけで、「頭の中でアウトプットする」ような形になります。要するにメルマガでこう書こうという文章が、本読み終わると同時に出来上がるんです。

23

それは効率的ですね。

2815

そこまでいくとあとは書くか書かないかだけで、頭の中の作業としてはほぼアウトプットしたのと同じような働きをしています。本当のアウトプット前提が身に付くと、そうじゃない人と10倍くらい差が出てくると思います。

SESSION持ち帰るのは3つでいい|インプットのコツは「欲張らない」

23

セミナーや講演会、本などから出来るだけ多くのことを学ぶときの、インプットのコツをご紹介いただけますか?

2815

私がオススメしているのは、「気づきもしくはTo Doを3つ書きましょう」という方法です。

2815

どういうことかというと、皆さんお金を払って受講しているので、たくさんのことを学びたくなってしまうんですよ。ですが、欲張れば欲張るほど得られるものが無くなってくるという矛盾があるんです。

2815

人間は大体一度に3つの事しか考えられないというのがわかっていて、普通の人は同時の案件が3つを超えるとパニックになってきます。逆に3つまでだったら覚えていられるので、今日聞いた話の中でこの3つは良い話だったなってとどめておくと効率よく学べます。

2815

本を読んだときも同じで、とりあえずその本の中から3つ気づきを抽出すれば良いです。「それだと少ない」っていう人がいるんですが、大事なことは3つ抽出して、アウトプットして行動に移すこと。

2815

「身についたな」と思ったら次の3つをもう1回読み直したりして見つければ良いんです。「3+3+3+3...」で何回でも学ぶことができます。一度に10個学ぼうとする人は1つも学べないんです。欲張らないというのがとても重要です。

23

3つはどうやって選んだら良いのでしょうか?気になる3つで良いんですか?

2815

はい、気になる3つで良いです。皆さんノートとかとっていると思うんですけど、その中から今日の気づきベスト3を書けば良いです。それをやるだけで大事なとことそうじゃないとこの、グラデーションが出来ます。

2815

ノートはたくさんとればとるほど、内容が薄くなっていってしまいます。なので大事なところをしっかり選んで、そこを覚えようと思うことが大事です。とにかくたくさんの情報に晒されていて、たくさんの情報を入れようとすればするほど脳はパンクしてしまうので、まずはグラデーションをつけるところからです。

23

なるほど!とにかく欲張らないようにするんですね。今日は先生ありがとうございました!

2020年07月14日 公開

この授業の動画をSchooで観る

2020年06月26日 放送分
『学び効率が最大化するインプット大全』著者:樺沢紫苑さん

『学び効率が最大化するインプット大全』著者:樺沢紫苑さん

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?