“学びたい”を刺激するメディア。

2022.02.19

column

自分の自信がもてる分野は何? 自分を「見える化」する4分割ノートとは

自分の自信がもてる分野は何? 自分を「見える化」する4分割ノートとは
動画:「最強の武器は「自分の見える化」」より

自分に合った仕事ってなんだろう。ほとんどのビジネスパーソンが一度は考えたことがある疑問なのではないでしょうか。仕事に自信をもって良いパフォーマンスを発揮できる環境や業務内容と出会えれば、幸福度も高まるはずです。では、その分野はどのように探せばいいのでしょうか?

Schooの授業「最強の武器は自分の見える化」では、自信がもてる領域の探し方と具体的な手法を、さまざまなビジネス本を世に送り出してきた寺澤伸洋(てらさわ・のぶひろ)先生が解説します。本記事では、その一部内容を抜粋します。

担当の先生

寺澤 伸洋 先生

ビジネス本著者

目次

  • 他者と比べず、自信をもてる“WILL”を探そう
  • 4分割ノートから自分の理解を深めよう
  • 自分を見える化し、自信をもてる分野を見つけよう

 

 

他者と比べず、自信をもてる“WILL”を探そう

現在の仕事や今後のキャリアに漠然とした不安がある人は、自分の答えが見つからないため、他者の意見や周囲の目が気になるかと思います。この状態だと、自分が本当に何をしたいのかがわからないまま周りに流されてしまい、負のスパイラルから抜け出せなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

また、自分の強みを探さなければと思えば思うほど、自分より秀でた人を思い浮かべてしまう人も多いと思います。誰かと比べるのではなく、好きな気持ちを軸とした主観で判断しなければ、なかなか自分の自信をもてる領域は見つかりません。

 

こうした状況から脱するためには、自分ができること(CAN)と好きなこと(LIKE)に注目してみることから自分と向き合う時間を作ってみましょう。CANとLIKEが重なる部分には、自分が成し遂げたいことや理想像(WILL)があります。

 

 

 

自分が活躍できるフィールドを見つけ、満足度の高いキャリアを築くためには、このWILLを見つけ、向かっていくことが大切です。WILLの領域に挙げられるものは、あなたが輝くキャリアのヒントになります。

 


4分割ノートから自分の理解を深めよう

この“WILL”を見つけるためには、これまでの人生を振り返ってみると効果的です。どんなときに笑顔になれたか、今までお金をかけてきた分野は何か、没頭して楽しめることは何か。こうした問いをたてながら、自分自身を具体化してみましょう。

 

さらに自己理解を深める手法として、4分割ノートの書き方を解説します。4分割ノートとは、縦軸に好きと嫌い、横軸に得意と苦手を書いたマトリクスです。

 

 

 

区切られたそれぞれの領域に、先ほど振り返った自分のこれまでの出来事を書き足してみてください。すると、「好き」と「得意」の領域にある事柄や過去が明確になります。ここに書かれたことが、あなたの自信につながる分野、つまり“WILL”に結びつくものです。

 

すぐに4分割ノートが埋まらないという人は、まず下書きとして今まで自分がやってきた仕事や配属されてきた部署を、時系列でリスト化してみてください。そこに、自分がそれぞれの時期にやったタスクやプロジェクトを具体的に書き込み、それぞれ好き嫌い、得意と苦手で分類していくと、4分割ノートの素材となる情報が増えてきます。

 

4分割ノートは、わかりやすく自分を見える化するための手法です。軸をボールペーンなどの消えないペンで書き、中身を変更できるシャープペンなどで書いておくと、自身の変化も感じながら理解を深めていくことができるのでおすすめです。

 


自分を見える化し、自信をもてる分野を見つけよう

授業内では、このほか受講者から届いた質問に先生が個別のアドバイスをしている時間もあり、具体的なキャリアに対する悩みの解決にもつながる内容が充実していました。仕事やキャリアに不安がある方は、ぜひ授業動画を参考にしてみてください。

 

文=宿木雪樹

今回取り上げたSchooの授業はこちら!
『最強の武器は自分の見える化』

 

今日の生放送

おすすめ記事

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?