“学びたい”を刺激するメディア。

2021.04.22

Interview

”知識を得るだけで満足してませんか?仕事ができる人は◯◯な人”ーー「市場価値の高い人材になるための仕事術」ハック大学 ぺそさんが解説

”知識を得るだけで満足してませんか?仕事ができる人は◯◯な人”ーー「市場価値の高い人材になるための仕事術」ハック大学 ぺそさんが解説

「市場価値の高い人材になるための仕事術」をハック大学 ぺそさんが解説

目次

  • 「仮説」を持てていない人は仕事が遅い
  • 学習意欲が高い人に陥りやすい罠とは?
  • 即行動する人こそ「できる人」
仕事ができなくて悔しい思いをした経験はありますか?周りよりも仕事ができて、周囲の人からの評価も集まる、そんな市場価値の高い人材になる仕事術があれば知りたくはありませんか?

今回の授業では、登録者数20万人の人気Youtubeチャンネル「ハック大学」を通じて、仕事術やキャリア戦略を発信している、ハック大学 ぺそ先生に市場価値の高い人材になるための仕事術を教えていただきます。自分自身のマインドから変えていくことで「できる人」になりましょう!

ハック大学 ぺそ 先生

YouTubeやVoicyで情報発信を行う外資金融リーマン

加藤 智行 先生

動画プロデューサー

中田 有香

受講生代表

学びノート

SESSION「仮説」を持てていない人は仕事が遅い

27

「仕事が遅い人は仮説を持てていない」ということですが、これはどういうことでしょうか?

3213

仕事が遅い人の特徴の一つに「完璧主義」があると思います。仕事の中には不確定要素がすごく多いですよね。そもそも不確定要素がゼロの世界では、(ロボットではなく)人間が仕事をする意味がありません。私は「不確定要素に立ち向かう」仕事を完璧にすることは無理だと思います。

3213

なので完璧主義を貫こうとすると、失敗しないように慎重になりすぎてしまうので仕事が遅くなる原因となります。ここで必要なのが「仮説思考」です。とりあえず目星を付けて動くことはかなり重要です。

3213

「外れても仕方がない」くらいの気持ちで、「こうだろうな」と見当を付けて動くことが仕事を速くするポイントだと思います。それが結果的に失敗に終わったとしても次の仮説を立てるときのいい材料として使えるので、あまり気にしなくても大丈夫です。

3213

なので、テキトーになんとなく「これをやろうかな」ではなく、「こうではないか」と思いながら仕事に着手するということが大事です。そうして成功や失敗を繰り返して打率が高くなっていけば、自動的に仕事が速くなっていくと思います。

3230

たしかに闇雲に動くよりも、仮説を立てて動いた方が失敗したときに振り返りやすいですよね。

3213

そうですね。「成功は嬉しいけど、失敗の方がもっと嬉しい」くらいの感覚になれると一番いいですね。

SESSION学習意欲が高い人に陥りやすい罠とは?

27

「学習意欲が高い人が陥りやすい罠」とは何なのでしょうか?

3213

巷でいわれる「ノウハウコレクター」ですね。「ロジカルシンキング」などの「~シンキング」をすごく知っているのに、業務に活かせていない人っているじゃないですか。私の周りには結構いるんです。

3213

世の中にはノウハウを収集すること自体に喜びを感じる「ノウハウコレクター」が多いと思います。本来知識を収集するには目的があります。例えば業務の中では、「業務を効率化すること」「業務でもっといいアイディアを出す」「プレゼンテーションが上手くなる」などが目的になりますね。

3213

もちろん色んな知識が豊富なこともすばらしいことですが、その知識を使えないと意味がありません。ノウハウコレクターの良くないところは「知識を得て満足してしまう」というところですね。ノウハウコレクターで止まってはいけないということを本書では口酸っぱく言っています。

27

インプット自体はいいことですよね。それをしっかり活用させるにはどうすればいいのでしょうか?

3213

一番良いのは、今日インプットしたことを明日の業務に活かすようにすることです。ただ、すぐにそこに結びつけられる人はなかなかいないと思います。

3213

なので、今日インプットした内容を友人に対して自分の意見を交えて説明してみたり、インプットしている最中に「そうなんだ~」とただ思うだけではなく「本当にそうなのかな?」と、疑った見方をしたりすると、単純なインプットだけでは終わらない体づくりができてきます。

3230

アウトプットをするとしっかり自分の血肉になる感じがしますよね。

27

アウトプットをしたいけれど、そういう場がなかったり、なかなか照れくさくてできなかったりすることもありますよね。

3213

まさにそうですね。アウトプットをしようという話をすると、「SNSやブログ、Youtubeで発信してみます!」という声が結構多いのですが、個人的にはそのような発信活動はかなりハードルが高いと思っています。そんなにレベルの高いことをしなくても大丈夫です。

3213

家族や友人に話してみるだけでいいと思います。「アウトプット」というと高尚なものに聞こえますが、Twitterで140文字で頑張って説明するよりもよっぽどやりやすいと思います。

3230

そうですね。どうしても「ものすごいブログを書かなきゃいけない」と思ってしまいますよね。家族や友人に話してみるだけでも十分アウトプットになりますね。

3213

せっかく頑張ってブログを書いたのに、それを誰にも見てもらえなかったとしたら、そのアウトプットは失敗体験として終わってしまいますよね。とにかくハードルを低くした方がいいですね。

27

たしかにブログを書いて誰にも見てもらえない場合、やる気がなくなるだけではなくて、フィードバックももらえないですよね。人に話せばその場で反応がもらえて、次に活かすことができそうなので、それだけでも良さそうですね。

SESSION即行動する人こそ「できる人」

27

次のテーマは、即行動できる人こそ「できる人」です。解説お願いいたします。

3213

厳密に言うと「即行動する人こそできる人」というよりは、「できる人の共通点は即行動すること」だと思います。「即行動」というと、猪突猛進みたいな感じがあって「頭が悪そう」という印象を抱きがちかもしれませんが、意外と逆です。

3213

先ほど「成功や失敗を繰り返すことで成功率が上がる」とお話ししましたが、即行動することで成功も失敗も経験としてたくさん積めるので、「できる人」になっていきます。

3213

ノウハウだけを学ぶ人よりも、自分で行動していってサイコロをちゃんと振れる人は「できる人」になるだろうなと感じます。

3230

なかなかすぐ動くって難しいですよね。でもたしかに、仕事ができる方って即行動ができる人が多いと思います。

3213

「即行動する」と言っても、小さなことでいいです。先ほどのブログの話のように大きなことをしなくても、「今日読んだ本の内容を要約してみよう」とか「友人に話してみよう」とかそんな小さなことでいいんです。昨日できなかった行動を今日やっていることが理想ですね。

3230

なるほど。このSchooの授業も、「いつもはコメント欄に書き込まないけど今日は書いてみよう」というのもいいですね。

27

アウトプットが大事だとわかっていても、実際にやる方とやらない方に分かれてしまうと思います。「まずはやってみる」ということが大事ですね。

3213

私も周りの友人に「即行動」を勧めることがありますが、実際にそれを聞いて即行動する人は2%くらいですね。

27

2%!少ないですね。

3213

逆に言えば、行動すれば上位2%に入れるということだと思います。とにかくやってみることが大事です。

3230

たしかにそれだけ他の人がやらないということは、自分がやれば上に行けるチャンスがあるということですよね。

3213

私がYoutubeをできているのも、特別なことを発信しているからではなく、単純にやるべき時にやったことがポイントになったと思います。

27

なるほど、「即行動」みなさんもぜひ意識してみてください。

27


授業の内容が気になった方はこらちもチェックしてみてください!
『行動が結果を変える ハック大学式 最強の仕事術』著:ハック大学 ぺそ先生
https://www.amazon.co.jp/dp/4802612605

2021年04月22日 公開

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?