“学びたい”を刺激するメディア。

2021.01.10

Column

【無料公開中】〜心をつかむ言葉のつくり方編〜「Go To Schoo オンラインで学ぶ1週間」

【無料公開中】〜心をつかむ言葉のつくり方編〜「Go To Schoo オンラインで学ぶ1週間」

【Schoo(スクー)では緊急事態宣言の間、一部の録画授業を無料公開中です】
オンライン学習を通して、私たちが出来ることはないかと考え、Schooでは一部の録画授業を無料公開いたしました。少しでも皆様のスキルアップや明日への手助けになれば幸いです。

1/15(金)まで期間限定、今だけ無料で受講できる人気授業をご紹介いたします。
※無料会員登録後、視聴が可能です。

▼会員登録(無料)はこちら
https://schoo.jp/entry

1/15(金)まで期間限定で無料公開中!


■心をつかむ超言葉術

心をつかむ超言葉術

 

▼授業紹介
この授業は、「言葉の企画」と題した人気講座を担当するコピーライターの阿部広太郎さんが、言葉を扱う全ての人に贈る「心をつかむ言葉のつくり方」の授業です。
相手に「伝わる」ということは「思い出せる」ということ。小手先のテクニックではなく、「言葉を企画する」ことをベースに、自己紹介の仕方から言葉の正体を知ること、名付けの力、企画書の書き方と贈り方までワークショップを取り入れて学んでいきます。

 

詳細はこちら
https://schoo.jp/class/6871

 


第1回:忘れられない「自己紹介」のつくり方
自己紹介する相手に、「こう受け取って欲しいな」とか、「こう思ってもらいたいな」という意志を持つこと。それが、伝わる自己紹介の一歩です。

 

第2回:「伝わる企画書」の贈り方
企画書というと「書き方」や「フォーマット」も気になりますが、相手の心が動くような良い企画書には「正しさだけでは人は動かない」という感動があります。

 

第3回:「伝わる企画書」阿部広太郎の返信
企画書のテーマは "Schooのコピーを考え、企画書にまとめる"。コピーを考えつくまでの思考回路も含め、企画書としてご提出していただいたものをお時間の許す限り、阿部さんが生放送で添削します。

 

第4回:「SNSでの言葉の発信」の仕方
今回の授業では、普段SNSで発信をしている阿部さんが何を考えており、 どこを工夫しているのか、発信する時の大切なことや、 伝わるために意識すると良い点を徹底的にお話しいただきます。

 

第5回:リモート時代の「超言葉術」
この授業では、新入社員やまだ会ったことのない人と仕事をしたり、新しい仕事ではじめましての人と仕事を進めていく中で、心理的安全性をどのように築き、「伝わる」をつくればいいのかを学びます。

 


その他1/15(金)まで、無料公開されている授業一覧はこちら

・時間のあるうちに学びたい 今さら聞けない経済の基本知識編

・成果を出し続けられる人材になる 絶対達成するための仕事術編

・文章だけで誰かに届ける 思いを言葉にする力編

・今だから学べるデザインのこと デザイン経営編

・これだけは知っておきたい リモートワーク編

・変化を捉えて前に進む これからの働き方編

・希望を持って働くために セルフマネジメント編

 


最後までご覧いただきありがとうございます。
気になる授業があったら、ぜひ一度参加してみてくださいね。


また、毎日無料で視聴可能な生放送授業も開講しています。生放送カレンダーもぜひご覧ください。
いつでもSchooでお待ちしています!

 

▼生放送カレンダー
https://schoo.jp/calendar

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?