“学びたい”を刺激するメディア。

2020.08.31

Column

「暗号資産」って知ってる? 2020年、急速に浸透しつつある財産的価値とは

「暗号資産」って知ってる? 2020年、急速に浸透しつつある財産的価値とは

最近、話題の「暗号資産」という言葉を聞いたことがありますか? 2020年現在、お金の価値が想像以上に早く変化し、暗号資産も急速に広まっています。

Schooの連載授業『IoVの時代に私たちはどう生きるべきか~お金の価値の変化についてあらためて考えよう~』は、仮想通貨やデジタル通貨が、私たちの生活にどういった影響をもたらすのかを考えていきます。

講師は、仮想通貨業界の第一線を走ってきたコインチェック株式会社の共同創業者で専門役員の大塚雄介先生。一緒に「お金の価値の変化」について理解を深めましょう。

2回目となる本授業では、『ゼロからでもわかる「暗号資産」』と題し、暗号資産について詳しく解説します。

目次

  • 2020年、「暗号資産」が急速に浸透。お金の価値の変化をともに考えよう
  • 暗号資産、ポイント、電子マネーの違い
  • 要注意! 暗号資産によるトラブル

 

 

2020年、「暗号資産」が急速に浸透。お金の価値の変化をともに考えよう

 

 

さて皆さん、冒頭の質問の繰り返しとなりますが、「暗号資産」という言葉を聞いたことがありますか? 「仮想通貨」なら聞いたことがあると思いますが、このほど法律が変わり、仮想通貨は「暗号資産」との呼び名に決まりました。大塚先生が解説します。

 

<暗号資産とは>

 

インターネット上でやりとりできる財産的価値の総称。下記3つの要件を満たしたもののこと。

 

1.不特定の者に対して代金の支払い等に使用でき、法廷通貨と相互に交換できる。簡単にいうと、日本において日本円と交換ができる、ということ

 

2.電子的に記録され、移転できる。インターネット上で送ることができるということ

 

3.法定通貨や法定貸建ての資産(プリペイドカード等)ではない

 

 

実質的に世の中で使われている暗号資産は、全世界で100も満たない程度。代表的なものでいえば、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどがあり、日本でも利用者は増えています。

 


暗号資産、ポイント、電子マネーの違い

「インターネット上でやりとりできる財産的価値」を暗号資産というならば、お買い物で貯まるポイントや、チャージして使う電子マネーも暗号資産だと思いますよね。そこにはちゃんと違いがあります。

 

●電子マネー

 

あくまで現金を電子的に変えたもの。代表的なものは、Suica、楽天Edy、WAONなど。これら事業者の電子マネーに対応している加盟店でのみ使用できる。

 

●ポイント

 

各企業が販売促進のひとつとして、リピートして店舗を利用してもらうために発行。Tポイント、Ponta、ANAマイレージなど。最近ではポイント連携も盛ん。

 

●暗号資産

 

電子マネー・ポイントと大きく異なるのは、どこかの企業が発行しているものではなく、技術的に価値があるものとして発行している。国を超えて価値を交換しあえるシステム。

 

 

実は世界的に見ても、日本ほどポイントが流行っている国はありません。大塚先生は、「日本人はお得と損をしたくないというふたつの考えが大きい。その国民性がマーケティング上でワークしている」と分析しています。

 


要注意! 暗号資産によるトラブル

年々利用者が増えるにつれ、トラブルも発生しています。お金にかかわることのため、悪い誘いも多いのは事実です。授業の後半では、暗号資産によるトラブルについて、大塚先生にお話いただきました。

 

事例:上場前の仮想通貨を購入すると儲かるというICOに出資したが、いまだに上場しない。

 

これについて大塚先生は、「金融庁の登録事業者を使うことが大前提。登録業者一覧がインターネット上で公開されているので、名前が載っているところを確認していただくのが良い」と、注意を促します。

 

 

また、「『必ず儲かる』の言葉には裏がある。非常に注意しながらできるだけ近づかずかないこと」とも念を押します。

 

通常の事業者は「必ず儲かる」といった言葉で煽らないという自主規制のルールのもと運営しています。「必ず」と使うのは、裏心がある証拠です。暗号資産が急速に広まっているので、注意しながら利用しましょう。

 

 

授業では、「異なる銘柄の暗号資産間の売買取引は行われている?」「暗号資産はブロックチェーンシステムで行っているという認識で合っている?」といった受講生からの質問に回答。仮想通貨業界の第一人者である大塚先生だからこその解答を多数聞くことができます。

 

今回は『IoVの時代に私たちはどう生きるべきか 〜 お金の価値の変化についてあらためて考えよう 〜第2回 ゼロからでもわかる「暗号資産」』をご紹介しました。

 

「お金の価値の変化」を考える上で必要な基礎知識を知りたい方は、1回目の授業『今起きている“お金の価値の変化”』をぜひご覧ください。

 

日常の中で関わるお金はもちろん、目に見えていないお金の動きについても理解が深まるに違いありません。

 

『IoVの時代に私たちはどう生きるべきか 〜 お金の価値の変化についてあらためて考えよう 〜 第1回 今起きている“お金の価値の変化”』

http://schoo.jp/class/6993/room

 

『第2回 ゼロからでもわかる「暗号資産」』

http://schoo.jp/class/7067/room

 

文=田中ラン

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?