“学びたい”を刺激するメディア。

2020.06.25

Interview

“SNSで誹謗中傷をする人は2パターンいる”ーー精神科医Tomy先生が教えるSNSの対処術

“SNSで誹謗中傷をする人は2パターンいる”ーー精神科医Tomy先生が教えるSNSの対処術

精神科医Tomyの不安を癒す言葉

目次

  • 基本的には近づかない。攻撃的な人への対処法
  • SNSではネガティブな発言を気にしてはならない
  • LINEが返ってこなくて心配になるときはどうすればいい?
  • 会話を続けるためには思い込まないことが大切
スマホやSNSの普及により、多くの人と繋がることができるようになりました。

その反面、ありふれた情報や見知らぬ人からの誹謗中傷、親しい人とのすれ違いに疲れてしまうことも。

そこで今回は、今Twitter上で話題の精神科医 Tomyさんにご登壇いただいた「不安を癒す言葉」の授業の中から、SNS疲れを癒す言葉、考え方をご紹介します。SNSを上手に使って、気持ちよくコミュニケーションを取れるようにしましょう!

精神科医 Tomy 先生

精神科医

徳田 葵

受講生代表

学びノート

SESSION基本的には近づかない。攻撃的な人への対処法

20

本日は精神科医Tomyさんに、受講生からの悩みやご質問に答えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

2865

よろしくお願いいたします。

20

では早速一つ目の質問です。

「人の気持ちを考えない攻撃的な人にどうすればいいですか?」とのことですが、いかがでしょうか。

2865

はい。近づくと攻撃を喰らうので、基本的には近づかないことですね。

離れる・逃げる・相手にしない。

攻撃しないようにしてもらうというのは無理ですからね。

2865

また、攻撃する人には2つパターンがあって、意図的に攻撃をする人と無自覚に攻撃をする人です。

意図的に攻撃をする人は、あなたに悪意があって攻撃をしているので、この場合は逃げるしかありません。

無自覚に攻撃をする人も、近づけば傷つくので基本的には近づかないことが大切です。

ただこういう人は、あなただから攻撃をしているわけではなくて、そういう物の言い方をするだけだったりします。

その場合、もう「そういう人なんだな」と割り切ると少し楽になりますよ。

無理にしようとしてできなくて、自分を責める必要もありませんが、一旦そういうふうに考えてみると自分の懐が広くなるので、やってみるといいと思います。

20

物理的に逃げるというのも一つの策なんですね。

2865

はい、そういうことです。

SESSIONSNSではネガティブな発言を気にしてはならない

20

続いての質問です。

「私は作家で、宣伝目的もかねてSNSを利用して作品を載せています。

しかし私自身、SNSの評価が目に見えやすいところやネガティブな情報が多いところが苦手で、気疲れしてしまう時があります。

嫌な情報や自分に対してネガティブなイメージに捉われない方法があれば教えてください。」とのことです。

2865

SNSというのは、一人で複数の人に成り済ますことができるので、そういう人に嫌なことに書き続けられると厄介ですよね。

自分がけなされているようなイメージになってしまいますし。

2865

基本的には読まないようにするのが良いかと思いますが、その意識を持つのはなかなか難しいことです。

なので、SNSは基本的に一方通行であることを前提にした方がいいと思います。発信することを中心にするんです。

相手のコメントを読んでもいいのですが、読むなら良いことだけを頭に留めるようにした方がいいですね。

20

たしかに、相互的なものだと意識しすぎると、人の目が気になって自分も発信しにくいですよね。

2865

特に作品に関する評価なんて「好きか嫌いか」なんです。

好きだと言ってくれる人のコメントを読んで、作品の評価されたところを伸ばすといいと思います。

2865

みなさん嫌いな人とか合わない人って絶対いるのですが、それをわざわざ書く人はちょっと難ありなんですよ。

そういう人は誰に対してもネガティブなコメントをしている場合が多いので、そんなに気にしなくていいと思います。

2865

あとはSNS上でしっかり返事が来ると、「同じようにしっかり返事を返さなければいけない」とプレッシャーに感じることもあると思います。

そういうときは「いいね」だけで返すなど、軽く考えていいと思います。

20

基本的には発信を中心にして、いい情報しか見ない、あまり考えすぎなくて良いということですね。

2865

はい、そういうことです。

SESSIONLINEが返ってこなくて心配になるときはどうすればいい?

20

では続いての質問です。

「大事な人や会社の仲間と連絡が取れないときにものすごく不安になります。

どうすれば心を落ち着かせることができますか?」とのことです。いかがでしょうか。

2865

なるほど。

私自身も、LINEの既読がつかない、ついても返事が来ないということがあると不安になるのですごくわかります。

2865

たぶん質問者の方は、LINEやメールを1日に何回もチェックしてしまっていると思うので、チェックする回数を減らしてあげると良いと思います。

相手から返事が来た瞬間に返すのではなく、一日のうち、何時にチェックするかを決めて、その時間に帰ってくれば返事をする。

それ以外の時間は見ない、というふうにします。

20

たしかにずっとスマホをそばに置いておくと、通知が来ているのが見えて気になってしまうことがありますね。

2865

そうなんです。

少し距離を置かないと、相手から返事が来るまでずっとそのことを考えることになるので、不安になってしまいます。

仕事や生活に支障をきたさない程度にバランスよく、チェックする頻度を少なくしてみるといいと思います。

20

LINEの通知に振り回されないように、自分で頻度を決めるということですね。

SESSION会話を続けるためには思い込まないことが大切

20

続いての質問です。

「あまり親しくない友達や、職場の人とうまく会話が続かず、思い出しては自己嫌悪に陥っています。変なことを言っていないか気にしすぎてしまいスムーズに会話ができません。どうすればうまくコミュニケーションを取れるようになるでしょうか。」とのことです。

Tomy先生、いかがでしょうか。

2865

まず「会話を続かせなければいけない」という思い込みを捨てたほうがいいです。

会話を続けられる人でも、よく話を聞いていると噛み合っていなかったり、変なことを言っていたりするものです。

2865

じゃあなぜ会話を続けられるのかと言うと、肩の力を抜いて「こうしなきゃ」とあまり考えすぎていないからなんですよ。

会話が続かないのは、「会話をしなきゃ」という緊張感が相手に伝わってしまっているからです。

基本的に会話をするときは、笑顔でいること、挨拶をすること、相手に同調すること、この3つをしていればいいです。

20

なるほど、たしかに意識すればするほど話題が思いつかないですよね。

2865

そうなんですよ。自分が話すのが苦手なら聞いているだけでも大丈夫です。

この3つを意識していれば相手が話してくれます。

会話そのものに緊張感があると自分も相手も楽しめませんから、力を抜いてくださいということです。

20

なるほど、ありがとうございます。

SNSやオンラインでの会話の際にも役立ちそうですね!

受講生のみなさん、ぜひ参考にしてみてください。

Tomy先生、本日はありがとうございました!

2865

ありがとうございました。

20

もっと詳しく知りたい方はこちらの書籍もチェックしてみてください!

『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』著者:精神科医Tomyさん
https://www.amazon.co.jp//dp/4478109729

SESSIONこんな記事もオススメ!

20

PENCILには他にもオススメの記事があります!ぜひ、気になった記事は読んでみてください。

オススメの記事①
・「“1万円が2億7000万円に。ずっと持ち続けたい銘柄だけ買え”ーー#世界最速で日経新聞を解説する男が語る、iDeCoと企業型確定拠出年金」
https://pencil.schoo.jp/posts/aJrgEgbl

オススメの記事②
・ちょっとした思考の転換で不安は消える!?精神科医Tomy先生の魔法の言葉とは
https://pencil.schoo.jp/posts/EeqOnZrD

オススメの記事③
・簡単なテクニックで便利な営業管理表が完成! Googleスプレッドシートでできる“効率化”6連発
https://pencil.schoo.jp/posts/59bx9GWO

2020年06月25日 公開

この授業の動画をSchooで観る

2020年05月24日 放送分
精神科医Tomyの不安を癒す言葉

精神科医Tomyの不安を癒す言葉

おすすめ記事

本日の生放送

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?