“学びたい”を刺激するメディア。

「スターバックスコーヒー」が王者でいられる理由を徹底分析

「スターバックスコーヒー」が王者でいられる理由を徹底分析

マーケティングとは、届ける価値を最大化・最適化し、ユーザーのニーズが満たされ、企業に利益がもたらされること。この流れを作り出す“マーケティング思考”を鍛えてみませんか?Schooの人気授業『マーケティング トレース チャレンジ』では、身近な商品やサービスのマーケティング戦略をトレースし、自分の言葉で言語化しながら埋めていきます。いわば、「マーケターの筋トレ」です。講師は、6,000人近くのマーケターが集まる学習コミュニティ#マーケティングトレースを運営する、ブランディングテクノロジー株式会社の黒澤友貴先生です。第3回目の題材は、言わずと知れた巨大コーヒーチェーンの「スターバックスコーヒー」。黒澤先生のファシリテーションのもと、スターバックスのマーケティングトレースを完成させましょう!

相手と自分の間には何があるのだろうか?キャッチコピーのヒントを学ぼう!

相手と自分の間には何があるのだろうか?キャッチコピーのヒントを学ぼう!

■ギモンの法則とは?「ギモンの法則」は、悩める人のギモンを経済やビジネスの視点で読み解き、みんなで解決案を考えていく実践型授業です。5月は、課題解決のスペシャリストと学ぶ生放送授業(全4回)と、サロンワークショップ(全2回)を実施します。ビジネスの第一線で活躍されているプロの技を学び、仕事に活かしていきましょう。5月は『札幌発のさつまいもスイーツがブームを仕掛けていくには?』を考えます。ギモンびとに、北海道で夏でも食べたくなるさつまいもスイーツ「冷やしやきいも」を開発し、移動販売も行っている「父さんのやきいも」を経営する大島留美子さんをお迎えし、「父さんのやきいも」がブームを仕掛けていくために必要なことを考えていきます。今回の授業では阿部 広太郎先生により、「弱点をポジティブに変換する「共感ストーリー」のつくり方~キャッチコピー&タグラインを考える」と題して、どういう風にキャッチコピーを考えるといいのか?について学びを深めていきました。※この記事は「プロと学べる実践型問題解決ゼミ『ギモンの法則サロン』」の記事を一部抜粋してお届けしています。https://community.camp-fire.jp/projects/336763/activities/271808#main

クラファンで1億円以上達成! 驚異の次世代電動モビリティを生んだブランディング力

クラファンで1億円以上達成! 驚異の次世代電動モビリティを生んだブランディング力

Schooの人気連載企画『プロダクト・リアルトーク~愛されるプロダクトの作り方~』。素晴らしいプロダクトがどのように生まれ、そしてどのように生活者に届けられているのかを考案者や開発者の方に講義いただきます。3回目は、和歌山県発の次世代電動モビリティの開発で注目を集める、glafit株式会社 代表取締役CEO 鳴海禎造先生がご登壇。バイクと自転車を掛け合わせたような「GFR-01」、電動スクーター「X-SCOOTER LOM」が瞬く間に話題となり、クラウンドファンディングサービスで応援購入総額1億円以上という驚異の金額を達成しました。多くの方から支持された本プロダクトは、一体どのように生まれたのでしょうか。

クラファンで異例の14404%超え! 世界中が欲しがるクロスヘルメット誕生秘話

クラファンで異例の14404%超え! 世界中が欲しがるクロスヘルメット誕生秘話

「魅力的なプロダクト」は、どのように生まれるのでしょう。モノが売れなくなったと叫ばれて久しいですが、熱狂的なファンが愛してやまないプロダクトも誕生しています。Schooの連載企画『プロダクト・リアルトーク~愛されるプロダクトの作り方~』では、素晴らしいプロダクトの考案者や開発者の方々を迎え、開発秘話をお話いただきます。初回は、「クロスヘルメット」の開発を行っているBorderless CEOの大野新さんが登壇。クロスヘルメットは、クラウドファインディングサービス「Makuake」でなんと14404%超えの達成率を叩き出し、今後の展開への期待が高まるプロダクトです。企画アイデアやコンセプト立案、開発プロセス、そしてプロモーション方針など、ビジネスに役立つエッセンスが散りばめられた放送となりました。

ユニクロの成功を分析! 一流のマーケターが考える、次の戦略は?

ユニクロの成功を分析! 一流のマーケターが考える、次の戦略は?

マーケティングにおいては「施策の実行力」ばかりが注目されがちですが、施策の成功の鍵は「戦略」にこそあります。身近にある商品やおなじみのサービスをチョイスして、「成功実例」からマーケティング戦略をトレースすることで「マーケターに必要な思考の筋肉をつける」。それがマーケティング筋トレです。今回は、ブランディングテクノロジー株式会社執行役員・経営戦略室室長であり、6000人近くのマーケターが集まる学習コミュニティ『マーケティングトレース』を運営されている黒澤友貴先生が、一流マーケターに必要な戦略思考を得るための方法を解説します。

「ターゲティング」はお客様の顔や生活が見えるまで

「ターゲティング」はお客様の顔や生活が見えるまで

近年は「〇〇マーケティング」という用語があふれかえっています。しかし、マーケティングとはそもそもなんでしょう。今回は、経営学者の中川功一氏が見た、優秀なマーケターと残念なマーケターの例をもとにマーケティングの第一歩であり成功の決め手となる要素、「ターゲット」の考え方について解説します。※この記事は、『マーケティングフレームワークの基本①~3C分析とSTP~』を再編集しています。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?