“学びたい”を刺激するメディア。

東京オリンピック、米大統領選……2021年の金融予測とお金・資産の守り方

東京オリンピック、米大統領選……2021年の金融予測とお金・資産の守り方

コロナ禍でお金の不安がつきまとう中、資産形成・資産運用を始めたという声をよく聞くようになりました。「人生100年時代」と叫ばれ、ライフステージやキャリアシフト、社会変化に合わせた資産形成は、誰しもが考えなければならないことと言えるでしょう。Schooの授業『2021年の金融予測とお金・資産の守り方』では、変化する社会で通用し続ける「普遍的な金融の知識」を学ぶことで、お金に関する不安を解消することを目的とします。講師を務めるのは、月間150件以上の資産形成の相談を受ける株式会社ノークリーの大石武代表取締役と、代表ファイナンシャル・プランナーの松澤健一郎先生。本記事では、2021年最大のイベント・オリンピックが与える経済の影響について深掘りしていきます。

【1/15まで無料公開中】〜今さら聞けない経済の基本知識編〜「Go To Schoo オンラインで学ぶ1週間」

【1/15まで無料公開中】〜今さら聞けない経済の基本知識編〜「Go To Schoo オンラインで学ぶ1週間」

【Schoo(スクー)では緊急事態宣言の間、一部の録画授業を無料公開中です】オンライン学習を通して、私たちが出来ることはないかと考え、Schooでは一部の録画授業を無料公開いたしました。少しでも皆様のスキルアップや明日への手助けになれば幸いです。1/15(金)まで期間限定、今だけ無料で受講できる人気授業をご紹介いたします。※無料会員登録後、視聴が可能です。▼会員登録(無料)はこちらhttps://schoo.jp/entry

低年収でも節約を通じて資産を増やしたい方におすすめの授業 3選

低年収でも節約を通じて資産を増やしたい方におすすめの授業 3選

資産形成の重要性が高まってきた昨今、「節約」の徹底によって貯蓄を増やそうと考える人は多いのではないでしょうか。今回は、年収を増やすのではなく、節約と貯蓄にこだわることで資産運用を図る方法を学ぶ授業を紹介します。日ごろの細かな出費と向き合う節約術は、積み重ねれば未来を変える大きな力となります。その具体的な方法を学びたい方は、今回紹介する授業をご覧ください。きっと明日からの習慣を変えられるでしょう。

収入と貯金額には相関性がない! ズボラでも貯金できるテク

収入と貯金額には相関性がない! ズボラでも貯金できるテク

貯金をしたいけれどお金が貯まらない方の多くは、収入が少ないことを原因だと思っているでしょう。しかし、年収と貯金は必ずしも相関性があるわけではありません。では、貯金を成功させるためには何が必要なのでしょうか? 独自の節約術で借金を完済した経験を持ち、お金をテーマにした書籍刊行や講演を続ける田口智隆先生に、ズボラでも成功する貯金の秘訣を学びます。本記事は、授業で解説された「お金が貯まりやすい目標設定」について掘り下げます。

知って得する不動産ローンの知識。最先端のフィンテック企業から

知って得する不動産ローンの知識。最先端のフィンテック企業から

Fintech(フィンテック)はもはやビジネスパーソンにとって当たり前の概念となりつつあります。とはいえ“お金をデジタル化すること”といった漠然とした理解にとどまり、その意義や最新の取り組みについて十分に理解できていない自覚がある人は少なくないはず。今後さらに一般化していくことが予想されるフィンテック企業の最新の取り組みについてSchooの授業シリーズ「デジタル時代のお金・金融の基礎講座」第3回『Fintech Front Line vol.1 フィンテックの最先端企業に迫る』では深堀りしました。同シリーズではおなじみの資産形成にかかわるセカンドオピニオンサービス「セカオピ®」を運営する株式会社ノークリー代表取締役の大石武先生に加え、今回の授業ではオンライン住宅ローンサービス「MOGE CHECK」を展開する株式会社 MFSの代表取締役CEO中山田明先生が講師として参加しています。「MOGE CHECK」が生まれた意義を、今後住宅を購入しようという方が知って得する知識とともに押さえましょう!

キャッシュレス、仮想通貨、投資...2020年以降の新しいお金の考え方を学べる授業まとめ

キャッシュレス、仮想通貨、投資...2020年以降の新しいお金の考え方を学べる授業まとめ

「老後資金に2,000万円必要」人生100年時代と言われ、少子高齢化がますます加速する一方、今後の年金保障制度に不安を抱える日本国民に突如として言われたこの発言は、多くの方に衝撃を与えました。これを皮切りに、多くの人がお金に対して関心を持つようになったのもまた事実です。普段何気なく使っていたお金は、テクノロジーの発展によりキャッシュレス化が進み、新しい時代へと突入していこうとしています。そんな新しいお金の考え方について、schooの映像授業では専門家の方々を先生にお呼びし、分かりやすく解説しています。初心者の方にも、もっと知識を深めたいという方にもオススメな授業を5つ、セレクトしました。

「コロナ不況」が経済に与える影響とは? こんな世の中だからこそ、NISA・iDeCoを絶対やるべき理由

「コロナ不況」が経済に与える影響とは? こんな世の中だからこそ、NISA・iDeCoを絶対やるべき理由

2020年、世界中に大きな影響を与えた新型コロナウイルス。命への影響についで心配なのが、経済への影響です。コロナ倒産、株価の下落、長期休業による収入の減少、雇い止めなど、新型コロナウイルスが引き起こすであろう問題は広範にわたります。そんななかで私たちはどのようにマネーリテラシーを高め、老後や子どものための資産を残すことができるのでしょうか?アフターコロナ経済の未来予測やコロナ不況下で意識すべきこと、NISAやiDeCoなどの資産運用について学びましょう。

人生100時代のお金の不安を和らげる! プロが教える最低限の金融知識4選

人生100時代のお金の不安を和らげる! プロが教える最低限の金融知識4選

あなたは、「私は金融リテラシーが高い!」と自信を持っていえるでしょうか? 実際のところ、多くの方が自らの金融知識に不足を感じているのでは?そんな方々に向けて最低限知っておくべき金融知識をお伝えするのがSchooの『Withコロナ時代を生き抜くために身に着けておくべき金融リテラシー入門』です。講師は気軽にお金のプロファイナンシャルプランナーに将来の資産形成やお金にまつわる不安を相談できるサービス『セカオピ®』を提供する株式会社ノークリー代表取締役の大石武先生と同社代表ファイナンシャルプランナーの松澤健一郎先生。ここではシリーズ第三回「人生100年時代で抑えておくべき最低限の金融知識4選」の内容をまとめて紹介します。

「年金」は前提で考えない! 人生100年時代を乗り切るために知るべき資産形成の2大原則

「年金」は前提で考えない! 人生100年時代を乗り切るために知るべき資産形成の2大原則

人生100年時代といわれる現在、堅実に資産を形成ししっかりと老後に備えておくことが求められます。本年生じた新型コロナウイルス問題を機に、「お金のこと」についてきちんと考える必要性を感じた人も少なくないのではないでしょうか?コロナに関係なく、「お金」の問題は私たちに一生つきまといます。そんな中でどのように資産を形成すればよいのか、何に気を付けるべきなのかを取り上げたSchooの授業『コロナに関係なく、私達が逃れられない「お金」の未来』。本記事はその内容のうち核となる部分をまとめています。講師はお金のプロ、ファイナンシャル・プランナーに気軽に相談できるサービス『セカオピ®』を提供する株式会社ノークリー代表取締役の大石武先生と同社代表ファイナンシャル・プランナー/CFPの松澤健一郎先生です。

人生100年時代を豊かに生き抜く!プロが教える最低限の金融知識4選

人生100年時代を豊かに生き抜く!プロが教える最低限の金融知識4選

あなたは、「私は金融リテラシーが高い!」と自信を持っていえるでしょうか? 実際のところ、多くの方が自らの金融知識に不足を感じているのでは?そんな方々に向けて最低限知っておくべき金融知識をお伝えするのがSchooの『Withコロナ時代を生き抜くために身に着けておくべき金融リテラシー入門』です。講師は気軽にお金のプロファイナンシャルプランナーに将来の資産形成やお金にまつわる不安を相談できるサービス『セカオピ®』を提供する株式会社ノークリー代表取締役の大石武先生と同社代表ファイナンシャルプランナーの松澤健一郎先生。ここではシリーズ第三回「人生100年時代で抑えておくべき最低限の金融知識4選」の内容をまとめて紹介します。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?