“学びたい”を刺激するメディア。

まとめ

【無料公開中】GW中のおうち時間で観たいオススメ授業10選をご紹介!

【無料公開中】GW中のおうち時間で観たいオススメ授業10選をご紹介!

「大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ」スクーでは一部の録画授業を無料公開中です。おうちで過ごす時間が増えた今だからこそ、スクーの授業を見て一緒に学びませんか?ここでは、期間限定で、今だけ無料で受講できる人気授業をご紹介していきます!※無料会員登録後、視聴が可能です。

第四次産業革命で働くビジネスパーソンに「Python」をおすすめする理由と授業11選

第四次産業革命で働くビジネスパーソンに「Python」をおすすめする理由と授業11選

新型コロナ感染症予防の一環として企業が在宅勤務やリモートワークを進めざるを得なくなったいま。これを期に今後ますます、アナログな作業はデジタルに置き換えられていき、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進も業種や業態を問わず、全社で取り組まざるを得ない状況になっていくことが予想されます。営業職やマーケターなどのビジネスパーソンもテクノロジーの変化に対応していくことが求められる可能性が日々高くなってきており、非エンジニアでもある程度のプログラミングスキルの習得が必要になってくるのではと言われています。そんな中、プログラミングに馴染みの薄いビジネスパーソンがいまこそ学ぶべきプログラミング言語として「Python」をおすすめしたいと思います。一見、ビジネスパーソンとは関係がないように思われるこの言語。初心者でも扱いやすいことから、ビジネス職の方がPythonを使うケースも増えてきていると言われ、これからのビジネスパーソンが習得すべき「必須のスキル」ともなり得ます。ここでは、「なぜ、ビジネスパーソンがPythonを習得すべきなのか」「Pythonを習得することでできること」そして「Schooで学べるpythonの授業」をご紹介していきます。

【生放送"超速"ハイライト】『Bridge the GAP』次、あなたが働く会社はどこか?

【生放送"超速"ハイライト】『Bridge the GAP』次、あなたが働く会社はどこか?

「次、あなたが働く会社はどこか」転職を希望している方の中で、DXをはじめとしたビジネス領域の大きな変化を意識し、より事業や自身の成長を優先する傾向があると言えるでしょう。変化が激しい現代において、私達が次働く会社をどのように選ぶべきなのでしょうか。そこで本授業は、会社選びに深く関わりのある2人の先生にお越しいただきました。それでは早速今日の授業のポイントを、チェックしましょう!

日本のヘルスケア領域はどうなる!? 中尾豊先生、井上智子先生と考えるヘルステックと医療

日本のヘルスケア領域はどうなる!? 中尾豊先生、井上智子先生と考えるヘルステックと医療

ヘルステックに携わる2人の先生が語る、医療と健康への展望とは?2025年には「超高齢社会」になると予想されている日本。また昨今は、新型ウィルス問題、健康寿命と平均寿命の差が広がっている問題なども注目されており、医療や健康といったヘルスケア領域に対する人々の関心は急速に高まっています。この授業で取り上げられたのは、いま世界のヘルスケア領域で活躍の幅を広げているヘルステック。このテクノロジーは、健康増進だけではなく、医療従事者側にも大きなメリットをもたらすと期待されているのです。講師を務めるのは、株式会社カケハシ・代表取締役CEOの中尾豊先生、オムロンベンチャーズ株式会社・代表取締役社長の井上智子先生の2人。それぞれの先生が培った経験をもとに、いまの日本のヘルステック事業と今後の展望について考え、ギャップを埋められる1時間となりました。ここではそんな授業の中で注目すべきポイントを紹介します。

【生放送"超速"ハイライト】『Bridge the GAP』リモートワークはこれからのスタンダードになるのか?

【生放送"超速"ハイライト】『Bridge the GAP』リモートワークはこれからのスタンダードになるのか?

リモートワークはこれからのスタンダードになるのか?新型コロナウイルスの感染が急速に拡大する中、リモートワークという働き方に注目が集まっています。各企業経営者の判断や、慣れないリモートワークに悪戦苦闘する現場の声がTwitter上に多く挙げられる中、あらためてリモートワークの是非や、そもそもの仕事の在り方へと議論が及んでいるようです。そこで本授業は、リモートワークに深く関わりのある3人の先生にお越しいただきました。それでは早速今日の授業のポイントを、チェックしましょう!

gumi國光宏尚先生による、Techキーワード超解説「ブロックチェーンの世界の潮流、C向けサービスでの活用方法」

gumi國光宏尚先生による、Techキーワード超解説「ブロックチェーンの世界の潮流、C向けサービスでの活用方法」

何がブロックチェーン“ならでは”なのか、実践例から考える。FinTechや仮想通貨への期待が高まり、“ブロックチェーン元年”と呼ばれた2019年。2020年はブロックチェーンがより一般的に活用されていくことが予想されますが、どのようなサービスが今後展開されていくのでしょうか。本授業は、株式会社gumi代表取締役会長である國光宏尚先生を講師に招き、株式会社TRUSTDOCK取締役でありJBA(日本ブロックチェーン協会)理事でもある肥後彰秀さんがモデレートしながら、ブロックチェーンの活用方法について考えていきます。

GAFAも江戸幕府もプラットフォーマー。徳川家康が解説する「GAFA」とは

GAFAも江戸幕府もプラットフォーマー。徳川家康が解説する「GAFA」とは

徳川家康から見たGAFAとは? 現代社会を歴史に重ねて学ぶ。天下統一を果たし、長きにわたる和平を実現した徳川家康。もしも現代に彼がいたならば、その政治力は現代社会の課題解決にも役立てられていたのではないでしょうか。本授業では、徳川家康が先生となって現代の成長企業について解説します。今回のテーマは「GAFA」。受講者とコミュニケーションを取りながら進めるため、理解を深めるだけでなく、新たなトピックへの展開も多い授業でした。ここでは、授業でとりあげたポイントのなかから一部を紹介します。

【生放送"超速"ハイライト】「健康に生きて、健康に死んでいく世界を」ーー『Bridge the GAP』ヘルステックはいかに健康をもたらすか

【生放送"超速"ハイライト】「健康に生きて、健康に死んでいく世界を」ーー『Bridge the GAP』ヘルステックはいかに健康をもたらすか

日々更新されるニュースや情報を貪欲にインプットすればするほど、世の中と自分の差(=GAP)が明白になり不安が募り続ける現代。そこで生まれたGAPを埋めるために情報取得だけでなく、その文脈や意味を理解していくことを目指す新番組『Bridge the GAP』。今回のテーマは、「ヘルステックはいかに健康をもたらすか」。それでは早速今日の授業のポイントをおさらいしましょう!

―現代鎖国の終わりは近い!?―中島徳至先生、中村亜由子先生、沙魚川久史先生、橋本雄太先生が語る「日本とオープンイノベーション」

―現代鎖国の終わりは近い!?―中島徳至先生、中村亜由子先生、沙魚川久史先生、橋本雄太先生が語る「日本とオープンイノベーション」

高度経済成長の時代から、技術革新やR&Dを中心に発展を続け、驚異的なスピードで先進国へと変貌を遂げた日本。しかしビジネス競争がより激化した現代では、一企業の自前主義産業だけで世界はおろか国内の競争に打ち勝つのが難しくなってきました。そこでいま注目され、活用され始めているのが「オープンイノベーション」という手法。ただし、現状はビジネスに結びついていないことがほとんどです。果たして、この現状を打破するソリューションはあるのでしょうか。この授業は、Global Mobility Service株式会社・代表取締役の中島徳至先生、eiicon company・代表の中村亜由子先生、セコム株式会社・オープンイノベーション推進担当リーダーの沙魚川久史先生、京浜急行電鉄株式会社・新規事業企画室担当の橋本雄太先生の4人を講師に迎え、日本のオープンイノベーションに潜む課題やソリューションについて対談していただきました。ここでは、授業を視聴する前に押さえておきたい注目すべきポイントを紹介します。

ノンデザイナーでも理解できる! デザイン経営の実践者、ツクルバ中村真広先生が教える「企業デザインの考え方」

ノンデザイナーでも理解できる! デザイン経営の実践者、ツクルバ中村真広先生が教える「企業デザインの考え方」

「企業デザイン」が求められる時代。非デザイナーにとって、「デザイン」といわれると、別次元の話のように思え、難しく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。本授業の講師は、株式会社ツクルバのCCO(チーフ・コミュニティー・オフィサー)中村真広先生。働く場からコミュニティまで一貫してデザインすることを得意とする中村先生が、デザインをどのように捉え、コミュニティデザインを行っているのかということを教わりました。非デザイナーの方々にも「企業デザインの考え方」を一から知ることができたはずです。ここでは、授業でとりあげたポイントのなかから一部を紹介します。

塚原美樹先生が解説。SWOT分析×マインドマップ×読書術で知識を身につける学習法を知る

塚原美樹先生が解説。SWOT分析×マインドマップ×読書術で知識を身につける学習法を知る

論理的思考力なくして情報を正しく生かすことはできない。本授業は、「マインドマップの学校」代表であり、株式会社ヒューマン・リスペクト代表取締役の塚原美樹先生が、「学び方を学ぶ」という大きなテーマをもとにマインドマップやフレームワークの活用術を解説します。学び方すべてに通じる、根本的な悩みを解決する授業です。シリーズ第1回目では、なぜマインドマップやフレームワークが必要なのかを、私たちに求められる力が何か紐解きながら確認しました。そのうえで、多くの人にとって学ぶアクションのひとつとなる読書を例に挙げ、SWOT分析を手法に取りながらマインドマップの活用法を実践します。ここでは、授業でとりあげたポイントのなかから一部を紹介します。

正しい判断を下すために必要なマインドとは? Yahoo!アカデミア学長・伊藤羊一先生が教える、問題解決へのメソッド

正しい判断を下すために必要なマインドとは? Yahoo!アカデミア学長・伊藤羊一先生が教える、問題解決へのメソッド

人間は無意識のうちに、日々決断を繰り返しています。イングランド・ケンブリッジ大学の研究によると、1日当たりの選択・決断回数は最大35,000回にも及ぶとのこと。ビジネスの場でも、プライベートでも、常に人はその時々で最善の決断をするように迫られているのです。本授業の講師は、ヤフー株式会社で企業内大学Yahoo!アカデミア学長を務める伊藤羊一先生。次世代リーダーの育成に注力する伊藤先生から、即断するために必要なマインドや効率良くマネジメントするための頭の働かせ方を学びました。ビジネスシーンで起こりうる問題事例に対し“スペシャリストがどのように判断を下しているのか”を、間近で体感できる1時間です。ここでは、授業内で解説されたポイントの一部を紹介します。

【生放送"超速"ハイライト】「日本企業よ、現代に「黒船」が来ていることに気づけ」ーー『Bridge the GAP』

【生放送"超速"ハイライト】「日本企業よ、現代に「黒船」が来ていることに気づけ」ーー『Bridge the GAP』

日々更新されるニュースや情報を貪欲にインプットすればするほど、世の中と自分の差(=GAP)が明白になり不安が募り続ける現代。そこで生まれたGAPを埋めるために情報取得だけでなく、その文脈や意味を理解していくことを目指す新番組『Bridge the GAP』。今回のテーマは、「オープンイノベーションで大企業はいかに変革するか」。それでは早速今日の授業のホットワードを、チェックしましょう!

『世界「倒産」図鑑』著者に聞く、あの大企業が「倒産」した理由

『世界「倒産」図鑑』著者に聞く、あの大企業が「倒産」した理由

そごう、ゼネラルモーターズ 、山一證券、NOVA、リーマン・ブラザーズ……時代を牽引してきた大企業は、なぜ「倒産」の道を辿ったのでしょうか?この授業では、『世界「倒産」図鑑』著者である荒木博行先生へのインタビューを行い、企業の倒産からどんな教訓を得られるか聞きました。企業の倒産が、教訓と知恵の宝庫であることが納得できる1時間となったはずです。ここでは、荒木先生がインタビューでお話しした倒産事例をひとつ紹介します。

「0円」から始めるPR、語るべきことは? SNSの活用法は? プロから学ぶ、人を動かすPR術

「0円」から始めるPR、語るべきことは? SNSの活用法は? プロから学ぶ、人を動かすPR術

商品を売りたいとき、どんな言葉を語れば相手にその商品の魅力が伝わるのでしょうか? マーケティングの手法が多様化するなかで、売上が伸び悩む根本的な課題が何かを見失ってしまうマーケターは多いかもしれません。この授業では、『0円PR』の著者である笹木郁乃先生が、相手の心を動かすPR術を「はじめに語るべきポイント」「ファンの作り方」「SNS運用方法」などのホットなトピックをもとに解説しました。書籍から取り上げたクイズなどを交えつつ、個々の状況に応じてPRの本質を紐解く本授業は、受講者自身のPR術を向上させる時間になったはずです。ここでは、授業でとりあげたポイントのなかから一部をご紹介します。PRで語るべきことは何か?人の行動を促す力とは。

数字は宝の地図? ウェブアナリストから学ぶデータ解析

数字は宝の地図? ウェブアナリストから学ぶデータ解析

ウェブマーケティングが当たり前な昨今。成功するか否かは、いかにデータを正しく読み取り、活用できるかにかかっていると言っても過言ではありません。今回はウェブアナリストとしてリクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパン等で勤務、現在では独立して活躍されている小川卓さんを先生に招き、実際の経験をもとにしたデータ解析のいろはを解説してくれている授業をご紹介します。データアナリストとして活躍したい、もしくは興味があるという方、またはもっと技術を磨きたいという方々にオススメです!

【生放送"超速"ハイライト】DXとデータ活用は、既存産業をどう変えるのかーー『Bridge the GAP』

【生放送"超速"ハイライト】DXとデータ活用は、既存産業をどう変えるのかーー『Bridge the GAP』

日々更新されるニュースや情報を貪欲にインプットすればするほど、世の中と自分の差(=GAP)が明白になり不安が募り続ける現代。そこで生まれたGAPを埋めるために情報取得だけでなく、その文脈や意味を理解していくことを目指す新番組『Bridge the GAP』。今回のテーマは、「DXとデータ活用は、既存産業をどう変えるのか」。それでは早速今日の授業の見どころを、チェックしましょう!

人類が超暇にどうなったらどうなる? あの著名人と一緒に答えのない問いを考え抜く「Schoo Zone」まとめ

人類が超暇にどうなったらどうなる? あの著名人と一緒に答えのない問いを考え抜く「Schoo Zone」まとめ

「答えのない問い」を、オンラインで一緒に考え抜く45分の生放送。あなたは『ゾーン』と呼ばれる瞬間を体験したことがありますか?特にスポーツなどで極限に集中した際の表現ですが、人と話している時・考え事をしている時にも出てくる自分ではないような、すべてがうまく繋がっていくように感じるあの瞬間。このZONEでは「答えのない問い」に対して、各回のゲスト・生放送で同じ時を過ごす受講生とともに、深い考察を行っていきます。今回はその中から4つの授業をセレクトしました。1人でその問いに立ち向かった時には辿り着けない思考の境地に、一緒に入っていきましょう。絶対の正解がないものに対して、より自分の中で納得できるものを選択し、生きていかなければならない今。自分なりの納得解を創り上げる力を身につけてみませんか。

五嶋一人先生、加藤將倫先生、江原ニーナ先生が教える「日本発、グローバル企業」の生み出し方

五嶋一人先生、加藤將倫先生、江原ニーナ先生が教える「日本発、グローバル企業」の生み出し方

現代のグローバルビジネス界は“GAFA”と“BATH”の時代といっても過言ではありません。一方、日本は、一部の産業を除き撤退を余儀なくされ、成功事例は未だに生み出せていない状態です。1970年代~80年代にかけて、世界のビジネス界を席巻していたはずの日本……。今後、日本発のグローバル企業が生まれることはないのでしょうか。また生むためにはどのような策を講じれば良いのでしょうか。この授業の講師は、株式会社iSGSインベストメントワークス代表取締役・五嶋一人先生、株式会社Progate FOUNDER/CEO・加藤將倫先生、ANRI アソシエイト・江原ニーナ先生の3名。それぞれの先生が持つ考え方と経験をもとに、日本と世界のスタートアップ企業の実態や、今後、日本発のグローバル企業を生むための着眼点について学びました。現代ビジネスやグローバル企業の現状と展望を知るだけではなく、自分と世の中のビジネスギャップを埋められる1時間となったでしょう。そんな授業の中で、注目すべきポイントをご紹介します。ビジネス界のトップランナーが考える「グローバル企業」の生み出し方とは?

「自分」と上手に向き合うために身に付けたい!モチベーションについて学ぶ授業3選

「自分」と上手に向き合うために身に付けたい!モチベーションについて学ぶ授業3選

ビジネス、趣味、勉強など……。自分自身の成長のためになにかに取り組むとき、常に高い意識を保ちながら学び続けなければなりません。途中で諦めてしまわないためにも、自分のやる気や向上心を上手にコントロールすることが重要なのです。今回は、モチベーションについて学べる授業を3つセレクトしました。各分野のプロフェッショナルとして活躍する講師たちは、どのように自らのモチベーションを管理しているのでしょうか。

ペンシルからのプッシュ通知を設定しておくと、新着記事のお知らせなどをブラウザ上で受信できて便利です。

通知を受信しますか?